ニュース
» 2013年08月07日 11時22分 UPDATE

Twitterの公式モバイルアプリにプッシュ通知利用の2要素認証機能

TwitterのAndroidおよびiOSアプリがアップデートされ、ログインでの2要素認証を利用できるようになった。電話番号の入力は必要なく、Twitterからのプッシュ通知を認証する仕組みだ。

[ITmedia]

 米Twitterは8月6日(現地時間)、AndroidおよびiOS向けの公式アプリをアップデートしたと発表した。このアップデートで、ログイン認証機能が追加され、画像関連のユーザーインタフェースが改善された。

ログイン認証機能

 Twitterは5月に、デスクトップのWebアプリのアカウント設定に2要素認証を有効にするオプションを追加した

 今回のアップデートで、モバイル端末からのログイン認証が可能になった。5月に発表された段階では、電話番号を入力し、その番号宛の6桁の認証コード入りSMSを受け取ってこれを利用する必要があったが、電話番号の入力が必要なくなった。

 ログイン認証をオンにすると、ログインする際にTwitterからプッシュ通知が届くようになり、このリクエストを認証してログインする。

 ログイン認証を設定する具体的な方法は、既に日本語の公式ブログに分かりやすい説明があるので、そちらを参照されたい。

 twitter 1

画像関連の改善 検索結果の画像の一覧など

 検索結果で表示される画像のサムネイルをタップすると、フルスクリーンで表示され、フリップすると検索結果の画像を連続で表示できる。また、「画像をもっと見る」を選択すると、検索結果の画像を表示するフォトギャラリーが表示される。また、iOS版ではユーザーのプロフィールページにもフォトギャラリーが表示されるようになった。

 この他、検索機能に8月2日にデスクトップのWebアプリに適用された検索結果のユニバーサル表示がモバイルにも反映され、リストの管理機能が強化された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう