ニュース
» 2013年08月07日 14時59分 UPDATE

KDDI、「Xperia acro HD IS12S」のソフト更新を開始

KDDIがauスマホ「Xperia acro HD IS12S」のソフト更新を開始した。特定サイト閲覧時に画面表示が崩れる不具合を改善する。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは8月6日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「Xperia acro HD IS12S」のソフト更新を開始した。

photo 「Xperia acro HD IS12S」

 OSをAndroid 4.0にアップデートした端末を対象に、特定サイト閲覧時に画面表示が崩れる不具合を改善する。

 ソフト更新は端末単体のほか、PC経由でも行える。端末のみで行う場合の更新用ソフトは63Mバイト。3G/Wi-Fiのどちらでもダウンロードできるが、KDDIではWi-Fi環境でのダウンロードを勧めている。更新の所要時間は約23分。PCを使う場合はWindows用ソフト「PC Companion」のインストールが必要。更新用ソフトのサイズは約438Mバイトで、所要時間は最大5分。更新後の端末ビルド番号は「6.1.D.1.103」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.