ニュース
» 2013年08月29日 11時05分 UPDATE

ドコモ、富士通製スマートフォン「F-12C」でソフトウェアアップデートを開始

NTTドコモは8月29日、富士通製スマートフォン「F-12C」でmicroSDXC内のデータが破損する不具合を改善するソフト更新を開始した。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは8月29日、富士通製Androidスマートフォン「F-12C」で、ソフトウェアアップデートを開始した。

photo 「F-12C」

 今回のアップデートにより、microSDXCを差し込んだ際、microSDXC内のデータが破損する不具合が改善される。ただし、ソフト更新を実施してもmicroSDXCは利用できない。

 新しいソフトウェアは2時〜4時の間に自動でダウンロードされる。「メニュー」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」での手動更新も可能だ。更新時間は約8分で、更新後のビルド番号は「V24」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.