ニュース
» 2013年09月05日 23時00分 UPDATE

IFA 2013:GALAXY Note 3とGALAXY Gearの連携は“シームレス”――Samsung電子 (1/3)

ドイツ・ベルリンで開催される「IFA 2013」の開幕直前、Samsung電子が新製品発表会「Samsung Unpacked 2013 Episode 2」を開催。5.7インチディスプレイの「GALAXY Note 3」や、スマートフォンと連携する同社初のスマートウォッチ「GALAXY Gear」などを発表した。

[山根康宏,ITmedia]

 Samsung電子は9月4日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで新製品発表会「Samsung Unpacked 2013 Episode 2」を開催した。“Episode 2”となっているのは、「GALAXY S4」を発表した米国・ニューヨークでのイベント「Samsung Unpacked 2013」(3月)に次ぐ、フラッグシップモデルの発表会であることを意味している。

photophoto 「GALAXY Note 3」(写真=左)と「GALAXY Gear」(写真=右)

日本でも発売される「GALAXY Note 3」

 発表会には、Samsung電子のIT・モバイルコミュニケーション部門でトップ兼共同CEOを務めるJ.K シン氏が登壇。同社が切り開いた5インチ超えの大型ディスプレイを搭載する“ノート型デバイス”、すなわち「GALAXY Note」シリーズの3機種目である「GALAXY Note 3」を発表した。GALAXY Note 3のスペックは2012年のIFA 2012で発表されたGALAXY Note IIを大きく上回っており、クアッドコアまたはオクタコアのプロセッサー、5.7インチのフルHDディスプレイ、13メガピクセルカメラを搭載する。

photophoto ドイツ・ベルリンで開催された「Samsung Unpacked 2013 Episode」(写真=左)。GALAXY Note IIと比較して「スリム」「軽さ」「大画面」「より高速」「長時間駆動」が特徴の「GALAXY Note II」(写真=右)
photo GALAXY Note 3を発表するJ.K シン CEO

 またシン氏は「高速な通信ネットワークへの対応も十分だ」と話す。LTEはCat.4/LTE-Advancedに対応し、通信速度は下り最大150Mbps。対応周波数もマルチバンドとなり、世界中のあらゆるLTEネットワークに対応する。なお販売国別に周波数の組み合わせは6タイプになる予定だという。これまでGALAXYノートシリーズはGALAXY Sシリーズよりスペックがワンランク下だったが、GALAXY Note 3はフルスペックのモデルであり、この秋以降に発売される他社のハイエンド端末の対抗にもなる、強力な製品となった。

 さらにはスペックの強化だけではなく、本体のデザインも「高級な紙のノート」をイメージさせるものになっている。本体カラーはClassic White、Jet Blackのオーソドックスな2色に加え、Blush Pinkを加えた3色展開となる。背面のバッテリーカバーはレザー素材を採用しており、裏から見るとまさしく手作りの高級ノートのような印象を受けるだろうと、シン氏は自信を見せた。

photophoto GALAXY Note 3。5.7インチながらも本体はスリムで、5.5インチのGALAXY Note IIとほぼ同等の幅(写真=左)。背面のバッテリーカバーはレザー素材で高級な印象を受ける(写真=右)
photophoto Sペンからワンタッチで呼び出せるAir Command(写真=左)。GALAXY S4でおなじみのS View Coverは窓部分のサイズが大きくなった(写真=右)

 さらにはGALAXY Noteシリーズでおなじみの専用スタイラスペンでは、「Sペン」機能とマルチタスクを強化。5.7インチの大画面をさらに活用できるとした。さらに、セキュリティーソリューション「KNOX」も標準搭載し、企業での需要が高まるBYODにも対応するという。

 GALAXY Note 3は9月から世界149カ国で発売される予定。なお米国と日本ではLTE対応版を10月に発売する予定とのことである。

photophotophoto 本体のデザインは「紙のノート」を目指した美しいものに(写真=左)。ペンとマルチタスクの強化はノート型デバイスの活用の幅を広げる(写真=中央)。セキュリティーソリューションのKnoxを標準搭載(写真=右)

 またGALAXY Note 3のコンパニオン端末となるウェアラブルデバイスとして、同社初の腕時計型のスマートウォッチ「GALAXY Gear」も発表された。Bluetooth接続によってGALAXYシリーズのスマートフォンと連携が可能で、GALAXY Gearからスマートフォン側の通話やメールを読むことができる。また190万画素のカメラを搭載し、メモを取る感覚で日常のさまざまなシーンの記録を保存できるとのこと。もちろん撮影した写真はスマートフォンへの自動転送も可能だ。

 さらに、より大きなノート型デバイスを求めるユーザーに対し、同じく昨年発売を開始した「GALAXY Note 10.1」の最新バージョンを発表。製品名は新しく年度を付与した「GALAXY Note 10.1 2014 Edition」となる。同製品はGALAXY Note 3とプロセッサーなどの基本スペックを同一とし、GALAXY Gearも利用できる。

photophoto GALAXYシリーズと連携できるスマートウォッチ「GALAXY Gear」(写真=左)。10.1インチのタブレット「GALAXY Note 10.1 2014 Edition」とあわせ、3つの新製品が発表された(写真=右)
photo 「GALAXY Note 10.1 2014 Edition」
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.