ニュース
» 2013年09月11日 16時35分 UPDATE

ウェザーニューズ、「通勤天気」をスマートフォンでも利用可能に

ウェザーニューズは、通勤に特化した気象情報告知サービス「通勤天気」を、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」で開始した。

[長浜和也,ITmedia]

 ウェザーニューズは、通勤に特化した気象情報告知サービス「通勤天気」を、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」で9月11日から開始した。すでに、2009年から携帯電話向けサイトサービスとして運用しているが、ウェザーニュースタッチに対応したことで、スマートフォンでも利用できるようになった。

kn_wni_02.jpgkn_wni_01.jpgkn_wni_03.jpg ,,通勤天気の路線情報画面(写真=左)。利用路線の遅延情報(写真=中央)。遅延リポート送信画面(写真=右)

 通勤天気では、同じ駅や路線で通勤するユーザーと気象情報を「ホームでひと言」機能で共有できるほか、ウェザーニューズの鉄道気象チームが解析した天候による「交通遅延予想」を前日から受け取ることができる。また、同じ路線を利用するユーザーが発信する遅延情報や10分天気予報の配信や、ユーザーが登録した最大10路線の最新運行情報やユーザーの気象リポートを確認できる。

 なお、現時点では、通勤天気のサービスは関東と近畿、東海(愛知県、岐阜県、三重県)でのみ利用できる。

kn_wni_04.jpg 「ホームでひと言」機能には、日替わりのアンケートに答えることで、その集計結果から天候に関するイメージを確認できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.