ニュース
» 2013年09月13日 13時30分 UPDATE

月額料金がお得に:KDDI、LTEスマホとタブレットで通信容量を分け合う「データシェア」を2014年春に開始

KDDIは、4G LTE対応スマホとタブレットの月間データ通信量をシェアして料金を抑えるサービスを2014年春に開始する。また9月20日から先行キャンペーンとして、2台持ちユーザーへの割引を開始する。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIは9月13日、4G LTE対応スマートフォンとタブレットの月間データ容量をシェアして月額料金を抑える「データシェア」サービスを、2014年春から提供すると発表した。それに先がけ、9月20日から「先取り!データシェアキャンペーン」を始める。

 データシェアは、スマートフォンで月間7Gバイト、タブレットで月間2Gバイトの合計9Gバイト分のデータ容量を両端末でシェアすることで、タブレットを月額2992円で利用できるサービス。月間データ容量のシェアはサービスの開始以降に利用できる。申し込み条件などの詳細は、サービス開始前にあらためて告知する。

 先取り!データシェアキャンペーンは、auのLTEスマホとタブレットを2台持ちするユーザーが対象の割引。4G LTE対応タブレットを新規契約もしくは機種変更で購入し、対象のパケット定額プランと「スマホセット割」に申し込むと、最大2年間、タブレットの月額使用料が1050円になる。なお2014年5月末までは、タブレットの月間データ容量が7Gバイトまで利用できる。

photo キャンペーンの割引内容

 対象のパケット定額プランは「LTEフラット for Tab cp」「LTEフラット for Tab(i) cp」で、10月以降はPC向けの「LTEフラット for DATA(m)cp」も追加する。スマホセット割を申し込む場合は、スマホとタブレットの契約が同一名義で、スマホの料金プランが「4G LTEスマートフォン(LTEフラット加入)であることが必要。

 なおキャンペーンは、データシェアの受付開始後にデータシェアに申し込まないと、2014年6月以降に割引が終了する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう