ニュース
» 2013年10月04日 11時09分 UPDATE

KDDI、「Xperia UL SOL22」のWi-Fi接続動作を改善するアップデート

KDDIは、ソニーモバイル製「Xperia UL SOL22」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。Wi-Fi接続動作も改善される。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIは10月4日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia UL SOL22」の不具合を改善するソフトウェアアップデートを開始した。

photo 「Xperia UL SOL22」

 今回のアップデートで改善される不具合は以下の通り。

  • 充電器との接続を解除しても充電LEDランプが消えない場合がある不具合
  • 画面設定メニューのホワイトバランスの設定値が有効にならない不具合

 このほか、Wi-Fi接続動作が改善される。アップデートは端末本体(Wi-Fi、LTE、3G)かPCを利用して行う。本体の場合は「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」で行う。PCの場合は専用ソフト「PC Companion」のインストールが必要だ。ファイルサイズは本体が約28Mバイトで、PCが約781Mバイト。更新所要時間は、Wi-FiとLTEで約8分、3Gで約9分、PCで約10分となっている。LTEと3Gを利用した更新はパケット通信料がかかるため、KDDIはWi-Fiを利用したアップデートを推奨している。更新後のビルド番号は「10.2.F.3.81」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.