ニュース
» 2013年10月07日 22時36分 UPDATE

ガイドアプリを無料配布:交通とモバイルITの未来を体験できるイベント「スマートモビリティアジア2013@福岡」開催

10月10日から12日までの3日間、「スマートモビリティアジア2013@福岡」が開催される。実証実験や参加型イベントで実際に体験できるのが特徴で、参加者に便利な専用のスマートフォンアプリも無料配布する。

[ITmedia]

 10月10日から12日までの3日間、福岡県福岡市で、モビリティとモバイルの未来を見通すイベント「スマートモビリティアジア2013@福岡」(Smart Mobility Asia 2013)が開催される。会場は10日、11日がももち浜SRPホール、12日は九州大学 次世代燃料電池産学連携研究センター。

 3回目の開催となる今回は、「モバイルIT×クルマ」「モバイルIT×サイクリング」「O2Oサービス」「水素モビリティ」という4つのテーマでカンファレンスを開催。さらに燃料電池自動車試乗会、スマートフォンナビゲーション試乗会、レンタサイクルのスマートフォンナビゲーション、スマートフォンによるキャンパス内レンタサイクルなどの実証実験も同時に実施し、講演だけでなく“未来を体験できる”イベントとなっている。カンファレンスのスケジュールはこちらで確認できる。カンファレンス参加料は1日券で各日3000円。

主な実証実験の概要
実証実験名 実施日時 会場 概要
燃料電池自動車試乗会 10月12日
10:00〜13:00
九州大学伊都キャンパス 九州大学伊都キャンパスで燃料電池自動車の試乗会を実施。次世代自動車の本命として注目される燃料電池自動車に実際に乗り体感するとともに、トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車の担当者によるカンファレンスも開催
協力:トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車
スマートフォンナビゲーション試乗会 10月11日
10:00〜17:00
ももち浜SRPホール ももちのSRPホール周辺で、スマートフォンナビゲーションの試乗会を開催。NTTドコモのドライブネットによるナビゲーションを装着した試乗車によって、音声認識などの最新動向を体感できる。NTTドコモのカンファレンスでは、今後拡大が予想される自動車と通信の融合による新しいサービスの解説や今後の動向も知ることが可能。
協力:次世代オートアフタービジネス研究会(NTTドコモ)
レンタサイクルの
スマートフォンナビゲーション
10月中旬〜11月末頃 糸島市内 糸島市が行っている観光客向けレンタサイクルにスマートフォンナビゲーションを実装し、 自転車ユーザーの利便性向上を図るとともに、観光地の回遊性を向上させる実証実験。
協力:ナビタイムジャパン
スマートフォンによる
キャンパス内レンタサイクル
10月10日〜12月6日 九州大学伊都キャンパス 単一キャンパスとしては日本最大規模を誇る九州大学伊都キャンパス内で行われているレンタサイクルに、スマートフォンによる無人での貸出・返却システムを導入する実証実験。
協力:リレーションズ

 またイベントの開催に合わせて、会場へのアクセスやイベントスケジュール、周辺の観光情報なども参照できるスマートフォンアプリ「福岡 MICE」も無料で配布する。福岡 MICEは、社会実験国際賞「Living Labs Global Award 2013」(LLGA2013)で、福岡の募集テーマ「スマートな国際会議開催地」に応募されたソリューションの中から、福岡賞として選ばれた最優秀ソリューション「Guidebook」を元にしたアプリ。福岡市をはじめ地域コミュニティの協力のもと、時限的に実証実験しその有効性や問題を検証するため無料配布されている。

Button 福岡 MICE iOSアプリ
Button 福岡 MICE Androidアプリ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう