ニュース
» 2013年10月09日 11時39分 UPDATE

iOSとAndroidにも対応:BlackBerry、クラウドベースの企業向けモバイルユーザー管理システムを発表

9月に投資会社による買収合意を発表したBlackBerryが、クラウドベースの企業向けBYOD対応サービスを発表した。

[ITmedia]

 カナダBlackBerryは10月7日(現地時間)、企業向けのクラウドベースのBYOD(Bring Your Own Device)対策サービスの計画を発表した。BlackBerryだけでなく、米GoogleのAndroid搭載端末や米AppleのiOS端末の管理も可能という。

 bb

 プレスリリースには明記されていないが、この機能は、同社の企業向けモバイル管理サービス「BlackBerry Enterprise Service」の次期版(バージョン10)の機能として提供されるようだ。同サービスの料金は、ユーザー1人当たり年額19ドルだ。

 bb2

 企業のIT管理者は、Webベースのコンソールでユーザーのモバイル端末を管理できる。各プラットフォームのアプリストア(App Store、Google Play、BlackBerry World)のアプリを集めたカタログを構築し、ユーザーの利用状況を確認する機能も備える。ユーザーはセルフサービスコンソールで自分の端末のリモートワイプやロックを管理者をわずらわせずに実行できる。

 同社は9月にカナダの金融持株会社Fairfax Financial Holdingsが統括する企業連合による買収提案に合意しており、企業向けサービスの提供に集中することで長期的な戦略を実施していく方針だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.