ニュース
» 2013年10月11日 13時04分 UPDATE

KDDI研、マルチデバイス対応のAndroid向け対話プラットフォームを開発

KDDI研究所は、3Dキャラクターと対話することでさまざまなデバイスを操作できるAndroid向けの音声対話プラットフォームを開発した。対話内容を蓄積して最適な情報提供を可能とする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI研究所は10月10日、Android搭載スマートフォン/タブレット向けの対話プラットフォームを発表した。

Photo スマートフォン向け対話プラットフォームのイメージ

 スマホやタブレットに表示される3Dキャラクターと対話することで、セットトップボックスや車載器といったデバイスとの連携・制御が行える。ユーザーの言葉から意図を抽出する意図推定や、抽出された意図に対する対話制御の処理は端末だけで行なう。

 また対話からユーザーの関心・趣味嗜好・生活習慣などを内部に記憶し、個人に合わせた情報や機器操作環境を提供することも可能。Androidの通信機能を介することで、遠隔操作をはじめ、異なる端末でも同じインタフェースで対話型のプラットフォームが利用できるという。

 KDDI研究所は、本プラットフォームを利用したSTB連携スマートフォンアプリ「Personal Assistant」を、10月14日から東京ビッグサイトで開催となる「第20回ITS世界会議 東京2013」に展示する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.