ニュース
» 2013年10月17日 12時03分 UPDATE

KDDI、「URBANO L01」の不具合を改善するアップデート開始

KDDIが、「URBANO L01」の「画面の自動回転」設定の不具合を解消するソフトウェア更新を開始した。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIは10月17日、京セラ製「URBANO L01」のソフトウェアアップデートを開始した。

photo 「URBANO L01」

 今回のアップデートで、「画面の自動回転」の設定が変更される不具合を改善する。更新はWi-FiかLTE/3G経由で行う。更新所要時間は、Wi-FiとLTEは約7分、3Gは約8分。エントリーホームの場合は「メニュー」→「すべてのアプリ」→「設定」→「すべてを表示」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」で手動更新できる。ファイルサイズは約21Mバイトで、更新後のビルド番号は「206.0.1100」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.