ニュース
» 2013年10月28日 15時22分 UPDATE

KDDI、Wi-Fi経由で「Smart TV Box」を遠隔操作できるiOSアプリをリリース

KDDIは、iOS端末から「Smart TV Box」の遠隔操作ができるアプリの配信を開始した。すでに提供しているAndroid向けアプリと同等の機能を持つ。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIは10月28日、iOS向けアプリ「Smart TV Remote for iOS」を提供した。App Storeから無料でダウンロードできる。対応機種は、iOS 5.1以上のiPhone 4S/5/5s/5c、iPad mini、iPad 第2世代以降で、順次拡大していく予定。

 Smart TV Boxは、Android 4.0搭載のセットトップボックスで、映像、音楽、アプリなどさまざまなコンテンツをリビングで楽しめる。Smart TV Remote for iOSを使えば、Smart TV BoxをWi-Fi経由で遠隔操作できる。主な機能は以下の5つ。

(1) 電子番組表の表示、テレビ番組の視聴/録画予約

 最大8日分の電子番組表をiOS端末に表示する。番組表から、番組詳細情報の表示や放送中の番組視聴ができる。番組の検索や、録画/視聴予約も可能だ。

(2)インターネット動画検索

 「ビデオパス」やインターネット動画検索から一括で、「キーワード検索」「ジャンル検索」ができる。

(3)放送中の番組や録画番組の視聴

 Smart TV Boxで放送中の番組やSmart TV Boxに接続したHDDに録画した番組を、iOS端末で再生できる。

(4)リモコン機能

 iOS端末から、文字入力などSmart TV Boxの操作ができる。

(5)ムーブ機能

 Smart TV Boxと接続したHDDに録画した番組を、iOS端末で持ち運び、外出先でも視聴できる。

 Android搭載端末向けには、すでに同様の機能を持つソフトを提供していたが、「Smart TV Remote」「DMC」「Connect Play」の3つをインストールする必要があった。iOS版ではSmart TV Remote for iOSのインストールのみで同様の機能を利用できる。

photo

関連キーワード

テレビ | Smart TV Box | iOS | KDDI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.