ニュース
» 2013年10月29日 12時28分 UPDATE

KDDIの「ARROWS Z ISW13F」、再起動の不具合――アップデートで対応

KDDIは、「ARROWS Z ISW13F」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。画面消灯時に再起動する不具合を改善する。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIは10月29日、富士通製モバイルコミュニケーションズ製「ARROWS Z ISW13F」のソフトウェアアップデートを開始した。

photo 「ARROWS Z ISW13F」

 今回のアップデートにより、画面消灯時に端末本体が再起動する不具合が改善される。

 対象ユーザーは、受信した「auからのお知らせ」のガイダンスに従って更新をする。深夜から早朝にかけて、自動でアップデートを行う場合もある。「設定」→「端末情報」→「ケータイアップデート」から手動更新も可能だ。更新時間は最大35分で、更新後のビルド番号は「V77R60B」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.