ニュース
» 2013年11月13日 10時49分 UPDATE

Wi-Fi版も:ソフトバンク、「iPad mini Retina」を11月14日に発売

ソフトバンクは、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を11月14日10時に発売する。Wi-Fi+Cellular版のほか、Wi-Fi版もラインアップする。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは11月13日、Appleの新型タブレット「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を11月14日10時に発売すると発表した。同社のiPad取扱店およびソフトバンクオンラインショップで、Wi-Fi版とWi-Fi+Cellular版を取り扱う。

photo ソフトバンクモバイル版「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の端末価格

 LTE通信に対応するWi-Fi+Cellular版の価格は、16Gバイトモデルが総額5万5440円で、24回払いの分割価格は月2310円。月月割として月2310円の割り引きが最大24回受けられるため、実質負担額0円で提供する。32Gバイトモデルは総額6万5520円で、毎月割を最大適用した後の実質負担額は7200円。64Gバイトモデルは総額7万5600円で、実質負担額は1万6800円。128Gバイトモデルは総額8万5680円で、実質負担額は2万6400円になる。

 月額料金は、「ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE」+「4G LTE定額プログラム」で月5460円から。これにウェブ基本使用料として月315円が追加され、月5775円(端末料別)で利用できる。またソフトバンクのiPhone 5sやスマートフォンを持つユーザーには、月額5985円のベーシックデータ定額プラン for 4G LTEが最大2年間月1050円で利用できる「タブレットセット割」も提供する(月月割との併用はできない)。

 Wi-Fi版は一括払いのみで販売。価格は16Gバイトモデルで4万1900円、32Gバイトモデルが5万1800円、64Gバイトモデルでは6万1800円、128Gバイトモデルなら7万1800円と、Apple Storeと同額になっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.