ニュース
» 2013年11月29日 12時39分 UPDATE

タッチパネル操作対応の「Pocket WiFi 301HW」「Pocket WiFi(GL10P)」、12月6日発売

ソフトバンクモバイルとイー・アクセスは、AXGP+LTEのマルチネットワークに対応した「Pocket WiFi 301HW」「Pocket WiFi(GL10P)」を12月6日に発売する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルとイー・アクセスは11月29日、タッチパネルで操作できるHuawei製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 301HW」「Pocket WiFi(GL10P)」を12月6日に発売すると発表した。同じ仕様の端末だが、ソフトバンクが301HWとして、またイー・アクセスがGL10Pとして販売する。

photo ソフトバンクが販売する「Pocket WiFi 301HW」

 ソフトバンクが提供する下り最大110Mbpsの「SoftBank 4G」(AXGP)に加え、イー・モバイルの1.7GHz帯を使ったLTE通信も利用できるマルチネットワーク対応モデル。QVGA(240×320ピクセル)表示の2.4インチディスプレイはタッチパネル操作に対応しており、直観的な操作が可能で、従来はPCに接続して行なっていた設定が本体だけで行える。

 ボディサイズが57(幅)×91(高さ)×14.7(厚さ)ミリとコンパクトな名刺サイズながら、連続通信時間は最大10時間を実現した。また連続待受時間は約600時間となっている。カラーバリエーションはホワイトとレッドの2色をラインアップしている。

photo イー・アクセスが販売する「Pocket WiFi(GL10P)」

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-