ニュース
» 2013年12月10日 12時57分 UPDATE

“1000元”スマートフォン向け「Snapdragon 410」発表

クアルコムは、12月10日に「Snapdragon 410」を発表した。低価格モデルへの採用を想定したモバイルプロセッサで、搭載製品は2014年後半に登場する予定だ。

[長浜和也,ITmedia]

 クアルコムは、12月10日に低価格スマートフォンの採用を想定したモバイルプロセッサ「Snapdragon 410」を発表した。クアルコムの説明では、Snapdragon 410を搭載するスマートフォンの実売予想価格は、LTE対応モデルで150ドル以下になるという。サンプル出荷は2014年前半から開始して、搭載製品の登場は2014年後半になる見込みだ。

 Snapdragonのプロセスルールは28ナノメートルで、グラフィックスコアにはAdreno 306を実装する。1080pクラスの動画再生や有効1300万画素のカメラの運用に堪えられるほか、64ビット長命令をサポートする。また、無線LANにBluetooth、NFC、GPS、そして、LTEを含めたデュアルSIMやトリプルSIMにも対応する。

 なお、クアルコムは、今後同社が用意するすべてのモバイルプロセッサセグメントで、LTEをサポートする予定であることも明らかにしている。Snapdragon 410などの低価格モデル向けプロセッサを搭載する低価格スマートフォンでLTEが利用できるようになることで、新興国のワイヤレスWANインフラのLTE移行が進むとクアルコムは説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう