ニュース
» 2013年12月31日 11時30分 UPDATE

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(編集部田中編):五感ならぬ“三感”に訴えるスマートフォンに満足した2013年 (1/2)

2013年に「うおお!」と感動するスマートフォンはどれだけあったのだろうか。筆者が個人的に気に入ったモデルを選びたい。一番印象に残ったのは、「触覚」「視覚」「聴覚」を満たしてくれたスマートフォンだった。

[田中聡,ITmedia]

 2013年のモバイル業界は、ついにNTTドコモからiPhoneが発売され、NECカシオモバイルコミュニケーションズとパナソニック モバイルコミュニケーションズがスマートフォン事業から撤退、イー・アクセスとウィルコムの合併が決まるなど、動きの多い1年だった。

 新機種の数は2011〜12年よりも絞られたが、「うおお!(今風に言うなら『じぇじぇじぇ!』か)」と感動したスマートフォンは、ケータイが主流のころと比べて少なくなったように思う。その形状のほとんどがストレート型で、デザインも似たり寄ったり……となると仕方のないことかもしれない。そんな中でも、2013年に筆者が「うおお!」と思ったスマートフォンを紹介したい。

“ガラスの一枚板”を思わせるデザインが秀逸だったXperia Z

 まず取り上げたいのが、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Z」だ。Xperiaはソニーモバイルを代表するスマートフォンであり、これまでも弧を描くデザインの「Xperia arc」、小型の「Xperia ray」、透明パネル(Floating Prism)の「Xperia NX」など、ほかのスマートフォンとはひと味違うデザインで注目を集めてきた。一方で2012年後半に登場した「Xperia GX」と「Xperia AX」は過去のアークデザインを継承したもので、新鮮さはそれほど感じなかった。それだけに、2013年はどんなデザインで来るのだろうかと期待していた。そこに登場したのがXperia Zだ。

 Xperia Zは米ラスベガスで1月に開催された「CES」で初めて披露されたが、見た瞬間に「うおお!」と思った。何よりも背面のガラスパネルが格好いいし、フラットなガラスの一枚板という発想は、これまでのスマートフォンにはなかった。2011年のアーク、2012年のFloating Prismと比べても引けを取らない、斬新なカタチだった。

photophoto 2013年の年明け早々、強烈なインパクトを放った「Xperia Z」。ほとんど凹凸のないデザインが印象的だった

 ソニーモバイルのグローバル色の強いスマートフォンは、2012年まではおサイフケータイや防水などは対応せず、arcに対してXperia acro、NXに対してXperia acro HDなど、同時期に日本仕様に対応させたXperiaを販売していた。しかしドコモから発売された「Xperia Z SO-02E」は、おサイフケータイや防水にもしっかり対応させ、グローバル仕様と日本仕様をうまく融合させた。5インチフルHD、新しいCMOSセンサー「Exmor RS for mobile」、当時最新のQualcomm製プロセッサーを採用するなどスペックも申し分なく、ソニーが称する“スーパーフォン”と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がった。

 実際にXperia Z SO-02Eを購入したが、確かに満足感は高かった。スマートフォンは通常は画面を表向きにして置くが、Xperia Zは背面を表にして机に置いてしまう。とにかくガラスパネルを見せたくなってしまうのだ。また静止画と動画を鮮やかに見せてくれる「モバイルブラビアエンジン2」も個人的には気に入っていた。このようにXperia Zは「見る」部分を特に満足させてくれたモデルだった。

暗所での撮影機能に驚いたXperia Z1

 一方で、Xperia Zには側面が角張っていて持ちにくい、デカイ、イヤフォンジャックがキャップ付き、といった不満もあったが、後継機の「Xperia Z1」がそれらの一部を解消してくれた。Xperia Z1は背面のガラスパネルはそのままに、フレームがZのプラスチックから金属に変更されたほか、側面をカットしたことで持ちやすくなった。Zベースのデザインだったので、初見の「うおお!」はZほどは感じなかったが、デザインがさらに洗練されたので、触れば触るほど満足度が上がっていった。

photophoto Xperia Zのデザインと機能をブラッシュアップさせた「Xperia Z1」

 Xperia Z1で感動したのは、なんといってもカメラだ。ドイツで9月に開催された「IFA」で実機を使った際に「暗い場所でここまで明るく撮れるのか!」と驚いたのを覚えている。これまで、「暗い場所をスマートフォンで撮影するのは難しい」という暗黙の了解があったと思うが、Xperia Z1はそれを見事に覆してくれた。画質面で完全に満足しているわけではないが、Z1を超える「暗所に強いカメラ」をスマートフォンで実現できるメーカーは、しばらく現れないのではないだろうか。また、画質の劣化を抑えた「全画素超解像3倍ズーム」も、光学ズームほどではないが実用性が高く、撮影シーンが広がるので満足している。ソニーがXperia Z1で目指す“思い出画質”は実現できているのではと思う。

 Xperia ZやZ1の「デカイ」という不満を解消すべく、4.3インチディスプレイ搭載の「Xperia Z1 f SO-02F」を投入したことも評価したい。ディスプレイ解像度やフルセグ非対応などの違いはあるが、Z1と同じ「デザイン」と「カメラ」をZ1 fに盛り込み、ソニーが重視するユーザー体験を得られることは大きい。ドコモのツートップ戦略の恩恵もあって夏に売れまくった「Xperia A SO-04E」は、acro/acro HDに続く「A」ラインの最新モデル、つまり(どちらかというと)スマホ初心者向けの一台だったので、個人的にはあまり食指が動かなかった。Xperia Z/Z1/Z1 fこそ、ソニーが持つ技術の粋が詰まったスマートフォンだったといえる。

 Zシリーズ3機種の中から選ぶならどれか? ファーストインプレッションなら断然Xperia Zだが、デザインのブラッシュアップ、カメラ性能の大幅アップ、そしてOne Sonyを具現化するために初めて“フルスイング”したこと――を踏まえると、「Xperia Z1」を選びたい。

 Xperiaのデザインは1年ごとに変更されるのが通例だ。2013年のXperiaは、どの方向からでも持ちやすい「オムニバランスデザイン」で統一されていたが、2014年はどんな新しいカタチを見せてくれるのか。ソニーモバイルコミュニケーションズ UXデザイン・商品企画部門 部門長の田嶋知一氏は「フラッグシップモデルは6カ月で進化させる」とIFAで話していたので、9月から数えると、2014年2月下旬開催の「Mobile World Congress 2014」で次期Xperiaが披露される可能性は高い。まだ気が早いが、次のXperiaもわくわくしながら待ちたい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.