ニュース
» 2014年01月08日 12時27分 UPDATE

調査リポート:Android端末の出荷台数は2014年に10億台を超える──Gartner予測

Gartnerの予測によると、2014年にはAndroid搭載端末の出荷台数は10億台を超え、2017年に出荷されるAndroid搭載端末の75%は新興国市場向けになる。

[ITmedia]

 米GoogleのAndroidを搭載する端末の出荷台数は2014年中に10億台を超える──。米調査会社Gartnerは1月7日(現地時間)、このような予測を発表した。

 同社によると、PC、タブレット、スマートフォンなどの端末全体の出荷台数は、2013年より7.6%増加し、25億台になるとみている。スマートフォンのみの出荷台数は4.9%増の19億台。

 Android端末の2014年の出荷台数は2013年から26%増の11億台になり、端末全体に占める割合は7ポイント増の45%になるという。2012年から2013年の成長率は74%だったので、成長スピードは落ちることになる。Androidは特に新興国市場での伸びが大きくなり、2017年にはAndroid端末の75%は新興国市場が占めるとGartnerは予測する。

 インストールベースでは、2014年にAndroid端末は19億台に、AppleのOS(iOSおよびMac OS)搭載端末は6億8200万台になるという。

OS別端末出荷台数予測(単位:百万台)
OS名 2012年 2013年 2014年 2015年
Android 503,690 877,885 1,102,572 1,254,367
Windows 346,272 327,956 359,855 422,726
iOS/Mac OS 213,690 266,769 344,206 397,234
RIM 34,581 24,019 15,416 10,597
Chrome 185 1,841 4,793 8,000
その他 1,117,905 801,932 647,572 528,755
合計 2,216,322 2,300,402 2,474,414 2,621,678
(資料:Gartner)

関連キーワード

Android | OS | スマートフォン | Gartner | 調査 | モバイルOS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.