ニュース
» 2014年01月09日 14時05分 UPDATE

ドコモ、学生/MNP向けスマホ割引キャンペーンを1月14日に開始

NTTドコモは、1月14日に学生とMNP利用者向けに、月々サポートの増額や月額使用料金の割り引きを行うキャンペーンを開始する。受け付け終了時間は随時案内するという。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは1月9日、学生とMNPでスマートフォンを購入したユーザーを対象に、「春の学生スマホ割」と「ドコモにのりかえ割」キャンペーンを1月14日に開始すると発表した。受け付け終了時期は後日案内するという。

春の学生スマホ割

 春の学生スマホ割は、「月々サポート」を24カ月で最大1万80円を割り引くというもの。対応機種は月々サポート対象のXi対応Androidスマートフォン。対象ユーザーは、「応援学割2012」「応援学割2013」「ドコモの学割2014」を適用中の回線で対象機種を購入した学生か、2014年1月14日時点で22歳以下(生年月日が1991年1月15日以降)の契約回線で対象機種を購入した人になる。なお、いずれの場合も月々サポートの適用条件を満たし、申し込みをする必要がある。

photo 春の学生スマホ割

 また、フィーチャーフォンからスマートフォンに機種変更した人向けの「はじめてスマホ割」と併用すると最大2万160円、10年以上ドコモと契約している人向けの「ありがとう10年スマホ割」と併用すると最大3万240円が月々サポート(24カ月)から割り引かれる。

ドコモにのりかえ割

 ドコモにのりかえ割は、MNPの際に購入日から最大25カ月、月々の利用料金を最大780円(「タイプXi+ハーティ割引」の場合は最大625円)を割り引くというもの。これにより、「タイプXi にねん」の基本使用料が実質2年間0円となる。また、過去にドコモを利用していた人が再契約した際は、解約時のドコモポイント相当額を対象機種購入代金から割り引く「おかえり特典」もある。ドコモポイント100ポイントは105円に換算される。

photo ドコモにのりかえ割

 対応機種は、iPhoneとXi対応Androidスマートフォン。MNPで対象機種を購入した際にタイプXi にねんまたはタイプXi+ハーティ割引に加入した人が対象で、おかえり特典を受ける場合は、ドコモ解約時と同一の電話番号および名前で再契約する必要がある。なお、おかえり特典は、解約時に一括請求の子回線を利用していた場合は適用できず、店頭価格が割引額を下回る場合は、店頭価格が上限となる。契約期間は2年で自動更新され、途中で解約すると9975円の解約金がかかる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう