ニュース
» 2014年02月15日 20時50分 UPDATE

九州初:KDDI直営店「au FUKUOKA」が福岡・天神にオープン 1番乗りはあの社長?

KDDIは、九州初の直営店「au FUKUOKA」を福岡市天神に開設した。オープニングイベントには同社のテレビCMに出演中の哀川翔さんが登場。「ハマってしまった」とau FUKUOKAの魅力を語った。

[平賀洋一,ITmedia]

 九州地区で初となるKDDIの直営店舗「au FUKUOKA」が、2月14日に福岡県福岡市の天神西通りにオープンした。直営店は「KDDIデザイニングスタジオ」(東京)、「au NAGOYA」(愛知)、「au OSAKA」(大阪)に次ぐ4店舗目となる。

photophoto 「au FUKUOKA」(写真=左)。開店に先立ち、店長の古川一夫氏、KDDI 取締役執行役員常務 コンシューマ営業本部長の福崎努氏、哀川翔さん、KDDI コンシューマ九州支社長の江口高介氏がテープカットを行なった

 au FUKUOKAは、1階の展示フロアと2階のコミュニケーションフロアからなり、店舗面積は約618平方メートル。1階は白を基調としたデザインの空間で、最新のスマートフォンやタブレットなどauのラインアップを展示。また、au公式アクセサリーブランド「au +1 collection」も国内最大級という品ぞろえで用意。ケースのサンプルを自分のスマホに取り付けて使用感を確かめられる。

 au FUKUOKAでは間仕切りがないテーブルで契約や相談ができるようになっており、家族などグループ単位の契約でもスムーズに手続が行えるように配慮した。対面式のカウンターでは格式張った印象を与えてしまうことから、オープンなテーブルで気軽に相談できるような雰囲気作りを狙ったもの。このテーブルの採用はau OSAKAから始まったもので、自動車ディーラーの店舗作りを参考にしたという。

photophoto 店内1階の様子
photophoto スペックや料金はタッチパネルで確認できる(写真=左)。メーカー別の端末・周辺機器コーナーも用意されていた(写真=右)
photophoto 人気のスマホケースを壁一面に展示(写真=左)。実際に試すことができる(写真=右)

 2階は壁面にウッドパネルを用いた暖かみのある空間で、スマートフォン教室などの各種セミナーも開催できる大型のテーブルも設置。こちらでも周辺機器やアクセサリーを展示するほか、テーブルと従来型のカウンターで商品購入に関する相談や契約、アフターサービスも受け付ける。

photophoto 2階の様子。セミナーを開催できる大きなテーブルが来店者を迎える
photophoto 従来型の対面式カウンターもある(写真=左)。2階にも周辺機器を展示(写真=右)
au FUKUOKAの店舗概要
店舗名称 au FUKUOKA(エーユー フクオカ)
所在地 福岡市中央区大名1-14-45 Qiz TENJIN 1・2F
アクセス 西鉄「西鉄福岡 (天神)」駅より徒歩4分
電話番号 0077-7123 (フリーコール)
営業時間 10:00〜20:00 (年中無休)

九州全域にauブランドを発信

photo KDDIの福崎氏

 オープニングイベントに登壇したKDDI 取締役執行役員常務 コンシューマ営業本部長の福崎努氏は、「auはMNPによる純増が28カ月連続でナンバー1になるなど多大な支持を得ている。九州地区ではMNPだけでなく、純増数も8カ月連続で首位になるなど非常に好調だ」と勢いをアピール。またこれからの春商戦は学生とその家族向けの“学割”キャンペーンがメインになるとし、「auの学割は、学生本人の基本料とその家族の基本料、au同士の通話、そしてauスマートパスの月額料と、4つの0円を提供する。これに加えて、家族が25歳以下の場合は、端末購入時に1万円の割り引きも利用していただける」と、料金面の優位性も訴えた。

 また800MHzのプラチナバンドを使ったLTEサービスにも自信を見せ、「800MHz帯は電波の浸透性が良く、ほかの周波数に比べて優れている。auはこの800MHz帯を使ったLTEの人口カバー率を、3月末までに全国で99%にする予定。この九州でも、この1年で対応エリアが大幅に広がった。また学生が主役の春商戦にあわせて、全国の772大学1186キャンパスをLTEでエリア化した。この九州にある69大学の110キャンパスでも、LTEが100%利用できる」と、LTEが利用できるエリアの広さも訴求。au FUKUOKAについては「KDDIの最新の情報と先進性を体験していただける店舗。福岡だけでなく、九州一円にいるお客さま、KDDIのお客さま、すべてのお客さまに訪れていただきたい」と述べた。

photophoto 九州地区では純増数が8カ月連続1位のau(写真=左)。LTE対応エリアもこの1年で拡大した(写真=右)
photo au FUKUOKAの古川店長

 続いて店長を務める古川一夫氏が、「au FUKUOKAは展示だけでなく、キャリアショップなど一般の店舗と同じ様に販売やサポート業務を行なう。ただそれだけでなく、auのブランドや最新のサービスを九州地区に発信していきたい。au FUKUOKAモットーは『すべてのお客さまに笑顔を』であり、もう一度来たいと思っていただけるような居心地の良いお店作りを目指している」とあいさつ。

 古川氏は生まれも育ちも福岡なそうで、「天神には買い物などでよく訪れていた。au FUKUOKAのオープンでまずは天神地区を盛り上げ、将来は福岡や九州全体を活性化できるような、情報の発信拠点にしていきたい」と意気込みを語った。

photo ゲストの哀川翔さん

 イベントにはゲストとして、同社のテレビCMでCHANNEL auの社長役を務める俳優の哀川翔さんが登場。「イベントの前にau FUKUOKAを見せてもらいましたけど、ハマっちゃいましたよ。実はすでに買い物済ませてますからね、多分僕がお客さんの第1号じゃないですか? 支払いは(開店の)15時まで待ってと言われましたけど、待てなかったですよ」と“社長”らしい大物エピソードを明かした。

 「(スマートフォンやアクセサリーの)実物を手にできるのがau FUKUOKAの良いところ。店員さんにすぐ質問できますしね。(商品を)真剣に見て回りましたけど、僕は真剣になると息を止めるので苦しかったですよ」と体を張って品ぞろえの良さをアピール。また「店舗は2階が落ち着いた雰囲気で、ゆっくりしすぎちゃうくらいです」と居心地の良さも伝えていた。

 高校卒業まで鹿児島で過ごしたという哀川さんだが、当時は交通の便もありあまりなじみがなかったという。「東京に出てからですね、博多によく来るようになったのは。コンサートしているときに良く来てましたけど、中州しか知らない(笑)。ライブ終わってご飯食べてとなると、やっぱり中州じゃないですか」。天神地区については「お店が多くて、若い人が多くて、昼間の街ですよね。夜の街じゃないなぁ」とコメントしていた。

photophoto CHANNEL auの社長として新CMを披露

 哀川さんはさらに、auの学割キャンペーン2014のCMキャラクター「モリ娘。」による新CMをau FUKUOKAでいち早く披露。見どころを聞かれ「皆さまが『大丈夫?』と思っているモリ娘。です」と笑いを誘い、「そして学割の“4つの0円”ですね。0円でやっていけるのか『大丈夫?』って気になりますよね、まぁ大丈夫ですけど。学生さんは親に感謝ですね」と、auの学割キャンペーンをアピールしていた。

photo

関連キーワード

au NAGOYA | au | KDDI | au + 1 collection


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.