Special
» 2014年02月27日 10時00分 UPDATE

最新AQUOS PHONE×DTSサウンドを体験――スノーボードイベント「TOYOTA BIG AIR 2014」

2月22日〜23日に、札幌ドームでスノーボードイベント「TOYOTA BIG AIR 2014」が開催された。会場内には最新の音響技術「DTS Sound」を搭載したAQUOS PHONEを体験できるブースが登場。来場者はどんな感想を持ったのだろうか?

[PR/ITmedia]
PR

AQUOS PHONE×DTSの感動サウンドを体験!

 スマートフォンで音楽を聴いている人は、音質はあまり評価していないかもしれない。しかしシャープのAQUOS PHONEは、ひと味違う。AQUOS PHONEといえば電池長持ちの「IGZO」や美しいディスプレイで定評があるが、2013年秋以降に発売されたモデルには、DTS社のサラウンド技術「DTS Sound」を搭載し、サウンド面も強化した。

 百聞は一見、いや“一聴”にしかず。「TOYOTA BIG AIR 2014」に協賛しているシャープは、この「DTS Sound」に対応したスマートフォンを特設ブースで一挙披露。スノーボードに魅了された来場者に、AQUOS PHONEと「DTS Sound」のタッグが奏でるサウンドを体験してもらい、「シャープが“音”にもこだわっていること」を伝えた。

photo シャープは「TOYOTA BIG AIR 2014」に協賛している。今回のイベントは、一般ユーザーがAQUOS PHONEの「DTS Sound」を体験できる、またとない機会になった

 TOYOTA BIG AIR 2014は、国内外から選りすぐられた選手が競うスノーボードのストレートジャンプ競技大会だ。第18回となる今回はソチ五輪のメダリストも参加し、熱い戦いが繰り広げられた。

photophoto ドーム内に設置されたジャンプ台(写真=左)。ライダーの豪快なエア(写真=右)

DTSの音響技術を楽しめるのはAQUOS PHONEだけ

 DTSは、映画やブルーレイに採用されているマルチチャンネル方式のデジタル音響システムで、2013年秋冬以降の「AQUOS PHONE」「AQUOS PAD」には、DTSのノウハウとシャープによるスマートフォンに最適なチューニングを施した「DTS Sound」が搭載されている。

 さらに、AQUOS PHONEなら音楽再生時の消費電力を抑える長時間再生モードも搭載し、電池持ちを心配せずに音楽を楽しめる。例えばSH-01Fなら、「ミュージック」アプリのサウンド効果「ナチュラル」にして、イヤフォン出力でMP3楽曲を再生した場合、約117時間もの連続再生が可能だ。シャープで電池長持ちといえば「IGZO」だが、じつは音楽再生でも驚くべきスタミナを発揮しているのだ。

 「DTS Sound」を搭載している製品は、NTTドコモ向けが「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」「AQUOS PHONE EX SH-02F」、au向けが「AQUOS PHONE SERIE SHL23」「AQUOS PHONE SERIE mini SHL24」「AQUOS PAD SHT22」、ソフトバンク向けが「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」「AQUOS PHONE Xx mini SoftBank 303SH」の7機種。ちなみに、現在、国内で販売されているスマートフォンで「DTS Sound」を搭載しているのは上記のAQUOS PHONEとAQUOS PADだけとなっている。

 シャープの2013年秋冬、2014年春モデルは、「DTS Sound」のほかに、ディスプレイのフレームを左右だけでなく上辺も極限まで細くした「EDGEST」スタイルや、長時間使用の代名詞となりつつある「IGZO」など、シャープならではの多彩なラインアップとなっている。特に「EDGEST」は、ディスプレイの3辺が狭額縁となっていることで大画面と持ちやすいサイズを両立していて、多くの来場者から驚きの声が挙がっていた。

photo 最新のAQUOS PHONEとAQUOS PADがずらり
photophoto ブースでは、AQUOS PHONEで「DTS Sound」を存分に体験できた(写真=右)。来場者でにぎわうブース。「スマホで高音質なサウンドを楽しめる」ということで、次々と試す人が現れた(写真=右)
photo 左からドコモ向け「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」「AQUOS PHONE EX SH-02F」、au向け「AQUOS PHONE SERIE SHL23」「AQUOS PHONE SERIE mini SHL24」「AQUOS PAD SHT22」、ソフトバンク向け「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」「AQUOS PHONE Xx mini SoftBank 303SH」

「立体的」「めっちゃすごい」「映画鑑賞にいいかも」――体験者の感想

 スノーボードイベントということで、会場には若者を中心に多くの来場者が集まった。AQUOS PHONEブースにも多くの人が訪れていたが、「今や身近な存在となったスマートフォンからこんなに迫力あるサウンドが得られるのか!」という驚きの声が聞かれた。ここではそんな声の一部を紹介しよう。

photo

スマートフォンでここまで立体的なサウンドを楽しめるとは思いませんでした。ここまで音質が良いいのなら、メインの音楽プレーヤーにしたいです。


photo

今使っているミュージックプレーヤーとは全然音質が違います。新しい3D感とでも言うか……。これがスマホで聴けるのがすごい! とても新鮮でした。


photo

これがスマートフォンで聴ける音? めっちゃすごい! 今使っているスマホからコレに乗り換えたい!


photo

これだけ画面が大きくて、ディスプレイの周りが細ければ、画面に入り込めそう。音も臨場感があるし、映画やドラマを見るのにもよさそう。



 ライダーたちが繰り広げるスノーボードの熱い戦いを楽しみに来場した人たちにとって、AQUOS PHONEの臨場感あふれる「DTS Sound」を聴いて、驚がくの狭額縁設計「EDGEST」に触れたことは、競技の鑑賞と同じくらい「感動的で熱い」体験になったようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2014年3月5日