ニュース
» 2014年03月05日 13時21分 UPDATE

ソフトバンク、3月7日から全米でLTE国際ローミングを開始

ソフトバンクモバイルは、3月7日よりLTE国際ローミングのエリアに米国本土、ハワイ、アラスカ、プエルトリコ、米領バージン諸島を追加する。

[村上万純,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは3月5日、海外でも高速通信サービスが利用できるLTE国際ローミングのエリアに、米国本土、ハワイ、アラスカ、プエルトリコ、米領バージン諸島を3月7日から追加すると発表した。

 各エリアとも、国際ローミング時のパケット通信が定額になる「海外パケットし放題」の対象となるため、定額でLTE通信を利用できる。現地の通信事業者はAT&T。

 対応機種は「iPhone 5s/5c」、「iPad Air」、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」だ。利用可能エリア、対応機種は順次拡大する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.