Special
» 2014年03月28日 09時30分 UPDATE

えっスマホに銀行があるんですか?:ガジェットで散財しまくっていた僕が、貯金できるようになった理由

近い未来のためを考えて貯金をしておきたいけど、なかなかうまくいかない……。そんな人にオススメしたいのが「じぶん銀行」。スマホ銀行なので、いつでもどこでも使えるのはもちろん、じぶん銀行ならではのサービスや機能が詰まっている。

[PR/ITmedia]
PR
photo ガジェットさえあればいい! と思っていたけど……

 毎年、春、夏、秋という3回ほどのペースでスマホを買い替えていて、タブレットやカメラもよく買っている、ガジェット好きな自分。それだけ散財し続けていたら、奥さんが黙っていないんじゃないかって? 残念ながら(?)自分はまだ独身なので、お金の使い方は自分で決められる。もちろん結婚願望はあるし、将来はマイホームも持ちたい。2016年には10%にまで増税されるので、そのころまでに、結婚もマイホーム購入も済んでいたらいいなぁ、とぼんやり考えている。

 でも、銀行口座にお金が残っていると、ついつい使ってしまうもの。そもそも買い物はクレジットカードなのであまり残高は気にしないのだけど、結婚やらマイホームやらを考えると、1円でも多く貯金すべき。でも自分のように散財していて、なおかつ意志が弱いと、なかなか続かない……。というわけで、貯金用に新しく口座を作ることにした。じゃあどの銀行がいいの? と考えたときに注目したのが、いつでもどこでも使えるネット銀行。中でも目に留まったのが「じぶん銀行」だ。

 じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して2008年に設立したインターネット銀行だ。フィーチャーフォン時代から展開していて、スマートフォン(iOSとAndroid)向けにもアプリを提供している。残高照会、入出金照会、振り込みなどすべてのサービスが、アプリで利用できるというから驚きだ。

photophotophoto トップページにアクセスすると、預かり資産の合計額が表示される(写真=左)。口座残高の詳細(写真=中)。さまざまな商品を24時間365日利用できる(写真=右)

 ネット銀行といってもいろいろあるけど、じぶん銀行ならではのメリットとは? 順を追って見ていきたい。

メリットその1:アプリ1つで口座を開設できる

 まずは口座を開設するところから。口座の開設となると、身分証明書のコピーを送ったりとそれなりに面倒な作業が必要になるけど、じぶん銀行では運転免許証を持っていれば、アプリ1つで口座が作れてしまうのだ。「クイック口座開設」アプリで運転免許証を読み取って、データを送信すれば口座が開設され、後ほどキャッシュカードが送られてくる。このアプリを使えば書類を郵送する手間が省け、申し込みから最短5営業日でキャッシュカードが発送される。

 実際に撮影してみたけど、氏名や住所などの読み取り精度はなかなかのもの。ペーパードライバーだけど、免許証を持っていてよかった……。

photo スマートフォンのカメラで免許証を読み取って、個人情報のデータを送信すればよい
alt
alt

メリットその2:今がチャンス!のお得な特典

 ネット銀行のメリットは「金利の高さ」だが、じぶん銀行も例外ではない。2014年4月1日以降に口座を開設して3ヶ月もの円定期預金に申し込むと、通常金利の年0.15%(税引前)に年0.4%(税引前)が加算され、年0.55%(税引後 0.43%)にまで金利がアップする。

 また、じぶん銀行口座を給与振り込み口座に指定し、一定の条件を満たすと、3,000円がもらえる特典もある。口座を作るのはまさに「今でしょ」というわけだ。

photo

メリットその3:ATMをお得に利用できる

 貯金用に口座を開設するとはいえ、急に現金を引き出したいこともあるだろう。ネット銀行ということで、「ネットでしか取引できないんでしょ?」と誤解している人もいるかもしれないが、じぶん銀行では、コンビニエンスストアや三菱東京UFJ銀行のATMで、24時間365日(※)、取り引きができる。

 ATMの手数料は、最大月4回までは無料で、預け入れと残高照会はいつでも0円だ(ゆうちょ銀行を除く)。自分は貯金用に口座を開設するので、お金を引き出すのは緊急時だけになるだろうけど、いざというときに手数料が無料なのは大きい。

※じぶん銀行のシステムメンテナンスの時間帯(毎月第2土曜日21時〜翌7時)は除く。

photo じぶん銀行のATMが利用できる店舗と手数料

メリットその4:三菱東京UFJ銀行とWで使うのがお得

 メインバンクが三菱東京UFJ銀行の自分にとって、三菱東京UFJ銀行とじぶん銀行間の振り込み手数料が無料なのも、うれしいポイント。自分は給与の振込先を三菱東京UFJにしていて、貯金のために毎月じぶん銀行へ振り込むつもりなので、このようにメインバンクとサブバンクの“相性”がよいのもありがたい。

photo

メリットその5:セキュリティも安心

 ネット銀行はセキュリティが心配だし、万が一スマホを紛失してしまうことを考えると不安だ。じぶん銀行アプリは、いったん終了してもう一度起動する際には、必ずアプリパスワードの入力が求められる。さらに、ATMでの現金出金や残高照会をロックして取引時にのみ解除する「ATMロック」、PCとスマホからのログインをロックして取引時にのみ解除する「パソコンロック」も備えている。いずれも解除するにはログインパスワードの入力が必要なので、万が一スマホを紛失しても、第三者から勝手に取り引きされてしまう心配は少ないといえそう。

photophotophoto アプリ起動時にはパスワードの入力が求められる(写真=左)。ATMロックは、ロックを解除してから60分間、ATMを利用できる。ロック解除は「セキュリティ」→「ATMロック設定を有効にする」を選べばよい。パソコンロックも同様にセキュリティから解除できる(写真=中、右)

メリットその6:充実の商品ラインアップ

 ネット銀行といえども、商品ラインアップは充実している。じぶん銀行では円預金のほか、カードローン、住宅ローンも提供している。住宅ローンは、マイホームを購入するときに検討してみたい。

photo

メリットその7:スマホを生かせる便利機能

 じぶん銀行といえば、電話番号で振り込みができる「ケータイ番号振込」で話題を集めたが、この機能はスマホアプリも引き継がれている。立て替えた飲み代の支払いなどをスマートに行える。普通預金口座から手数料無料で直接「モバイルSuica」などの電子マネーがチャージできるのも、じぶん銀行ならではだ。


 以上のメリットが決め手となり、じぶん銀行で貯金を始めようというわけだ。目標の貯金額は、300万円……! え、自分にしてはちょっとハードルが高くないかって? 結婚しない言い訳に「300万円たまってないから」とか言うつもりではないですよ(たぶん)。やっぱりこれぐらい本気になってためないと。“第2の口座”で300万円以上ためて、結婚、そしてマイホーム……。じぶん銀行へ申し込みながら、人生設計に夢を膨らませるのだった。

alt
alt

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社じぶん銀行
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2014年5月31日

お金があったらなにしたい?

もしも300万円があったら、あなたならどう使う? あなたの「使い方」を教えて!
参加してくれた方から抽選で5名様にAmazonギフト券3000円分が当たります!

1:

別ウィンドウが開きます

2:300万円あったらどう使う?夢のある使い方を教えてください

下記の「注意事項」をよくお読みになり応募ください
#(ハッシュタグ)以降は消さずにツイートしてください
■注意事項

・応募期間
平成26年3月28日10:00から平成26年5月31日23:59まで

・応募条件
1.@ITM_campaignをTwitterでフォローしている方。
2.応募期間中に「300万円で○○したい!」と #じぶん銀行_itm +URL をツイートされた方。

※当キャンペーンへのご参加は、Twitterのアカウントが必要です。
※お一人様何度でもご応募いただけます。

・当選発表
2014年6月初旬
応募締め切り後、フォローを解除されていない方、ツイートを削除されていない方の中から抽選を実施します。当選者には、Twitterダイレクトメッセージで@ITM_campaignアカウントより、ご当選のご連絡させていただきます。
当社からの連絡後、TwitterのDMでご連絡させていただきますのでフォローを解除なさらないようお願いします。一週間以内にご連絡が無い場合は、当選無効とさせていただきます。

・個人情報の取扱について
アイティメディアプライバシーポリシーをご確認ください。

・ご注意
プレゼントおよび当選の権利を第三者に譲渡、売買することはできません。 お届け先は、日本国内に限らせていただきます。
法令等に違反する行為、当社または第三者の権利を侵害するまたはその恐れのある行為、その他当社が本キャンペーンの運営に際し不適切と判断する行為があった場合、応募・当選を無効とします。
ツイートされた内容は当ページに掲載される可能性があります。
本キャンペーンの応募に起因して応募者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。