コラム
» 2014年04月01日 18時15分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:俺はこういう電話が使いたいんだよ

悪気はないんです。許してください(心当たり多数)。

[長浜和也,ITmedia]

これが! 幻の! iPhoneプロトタイプ! だったらどうする!

 このところ、急に気温も上がってきて、桜もいきなり満開となって、おいちょっとまってくれこれでははなみできないじゃないか、と、手も汗ばむ陽気となったきょうこのごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 そう、私は(体型のせいもあって)手のひらが異常に汗ばんでしまうんですよ。そうなると、使えなくなるのがタッチパネル。静電容量タイプになると一気に感度が悪くなるばかりか、変に感度がよくなって、全然関係ない操作に反応して“不慮の事故”が発生することもしばしばです。

 ああっ! もうっ! タッチパネルなんか嫌いだー! ついでに、テンキー入力も大っ嫌いだー!

 こんな私にとって、史上最強の電話が「X02HT」です。いや、でした。ソフトバンクモバイルから2007年夏モデルで登場して、すでに修理受付も2013年1月末に終わってしまった退役モデルです。ストレートタイプのボディに2.4インチディスプレイ、解像度はわずか240×320ピクセルのタッチ操作非対応ディスプレイとQWRTYハードウェアキーボードを載せています。OSはなんとWindows Mobile 6.0 Standard。なつかしー。

kn_phone0401_02.jpg やあ、ぼくを覚えているかい? X02HTだよ。オリジナルはHTCのCavalierなんだ

 ストレートボディにQWERTYキーボードを載せた携帯電話というと、BlackBerryが主流でした。というか、高機能携帯電話というと海外ではBlackBerryがほとんどだったのです。最初、親指タイピングはHP200LXのサイズが限界でしょ、と思い込んでいた私ですが、でかい米国人がぶっとい指でチマチマチマチマチマチマチマチマBlackBerryでタイピングしているのを見て、んん? あつらが使えるなら私も使えるんじゃないの? と考えるようになりました。

 ただ、BlackBerryのラインアップはどれもキーボードが固い。そして、当時QWERTYキーボード搭載モデルを日本でも出していたNokiaもキーボードが固い。ところが、X02HTのキーボードは打ったことがはっきりと分かるほどに固くて、かつ、打ち続けても疲れないほどに柔らかい。まさに、べすとおぶすまーとふぉんきーぼーど。

 そして、タッチ操作なんか使わせないぜ!といわんばかりのWindows Mobile 6.0 Standardのおかげで、操作のほとんどはカーソルキーだけで完結するのです。これがとっっっっっっっても楽。しかも、Windows由来だけに、何かと“ごにょごにょ”遊べて楽しいのですよ、これが。

 いまや、新モデルは画一的な板となり、QWERTYキーボードは「要望があれば当然作りますが」(まずないでしょう)という状況で、(Androidで一部法人向けにはあるものの)ストレートタイプのQWERTYキーボード搭載モデルは、もうでないんですかねー。一番使いやすかったのになー。

kn_phone0401_03.jpgkn_phone0401_04.jpg うぉー、打ちやすいぞー! 実際、このデバイスで記事1本まるまる書いてしまったことも数多くあるのだ(写真=左)。キーボードがあるんだから、アプリラウンチャーは「KTPocketLaunch」で決まり。いやー、ほんと使いやすかったなあ(写真=右)

 そういえば、私が購入したのは、当時一番人気のなかった「ホワイト」モデルなんですが、この色合いが、なんとなく当時のMacbookによーく似ていたんですよ。そんなもんだから、つい出来心でこんなホーム画面と組み合わせてみたのです。

kn_phone0401_05.jpg フォントにOSAKAを使うと、一層だましやすくなります(画像の一部に自主規制)

 これで、「実はこれ、ソフトバンクモバイルとAppleが共同で試作したiPhoneのプロトタイプなんだよおー」と見せると、10人中6人と意外な高確率で「ええええ! すごーい」とだまされてくれます。よーくみると、画面左下隅にWindowsのロゴがあるのですが、いかんせん、最近の若い人はWindows Mobileは当然として、Windows Phoneの実物も見たことがありません。

 ということで、2014年も、隣席の2年目女子を軽くだました4月1日でありました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.