ニュース
» 2014年04月23日 10時43分 UPDATE

アップルがiOS 7.1.1を公開、OS X Mavericksなどを対象としたセキュリティーアップデートも

アップルは4月22日、iOS(7.1.1)やOS X Mavericks(10.9)などを対象とした「セキュリティー・アップデート」をリリースした。

[ITmedia]

Mavericks、Mountain LionとLion、Lion Serverが対象

 4月22日にアップルが公開したセキュリティー・アップデートは、対象OSがOS X Mavericks(10.9.2)、OS X Mountain Lion(10.8.5)、OS X Lion(10.7.5)、OS X Lion Server(10.7.5)で、13件の脆弱(ぜいじゃく)性などが修正されている。なお、Mavericks向けはSafari 7.0.3も含まれる。

 ファイルサイズは、Mavericks向けが80.5Mバイト、Mountain Lion向けが135.9Mバイト、Lion向けが126.9Mバイト、Lion Server向けが177.2Mバイトだ。

ht_mac01.jpg OS X Mavericksのソフトウェア・アップデート画面

iOSは7.1.1に

ht_mac02.jpg iOS 7.1.1のソフトウェア・アップデート画面

 一方、iOSの最新版「iOS 7.1.1」は、iPhone 4以降、第5世代iPod touch以降、iPad 2/iPad mini以降が対象となる。OS Xと同様の脆弱(ぜいじゃく)性に加え、Touch ID指紋認証機能がさらに向上、キーボードの応答に影響を及ぼす問題や、VoiceOverがオンの状態でBluetoothキーボードを使用している時に起きる問題が修正されている。

 ファイルサイズは26.1Mバイトだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.