ニュース
» 2014年05月08日 13時57分 UPDATE

CAとWiMAX 2+対応機種を投入:KDDIの2014年夏モデル、下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」を無料で利用可能に

KDDIが発表した2014年夏向けのスマートフォンおよびタブレットは、一部機種を除いてキャリアアグリゲーションとWiMAX 2+に対応。さらにWiMAX 2+対応機種はこれを無料で利用できる。

[ITmedia]

 既報の通り、KDDIが2014年夏向け新モデルを発表した

 スマートフォン6機種とタブレット2機種の計8機種がラインアップされているが、このうち「TORQUE」と「ASUS MeMO Pad 8」を除く全モデルが、下り最大150Mbpsの「キャリアアグリゲーション」と「WiMAX 2+」をサポート。これにあわせて、WiMAX 2+対応機種は、UQコミュニケーションズが提供する下り最大110Mbpsの通信サービス「WiMAX 2+」を無料で利用できる施策を発表している(インターネット接続サービス「LTE NET」(基本使用料300円/月、通信料0.6円/Kバイト)、「LTE NET for DATA」(基本使用料500円/月、通信料0.6円/Kバイト)の契約が必要)。

og_wimax2pl_001.jpg 「キャリアアグリゲーション」と「WiMAX 2+」の概要

 なお、同日発表された各モデルの詳細は「4K撮影に3日持ちの省エネ設計、世界最薄タブレットも――KDDIが2014年夏モデルを 発表」を参照してほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.