ニュース
» 2014年05月16日 17時04分 UPDATE

ウィルコムら3社、振り込め詐欺電話被害防止などに関する協定を神奈川県と締結

ウィルコム、ソフトバンクテレコム、トビラシステムズの3社は、神奈川県と振り込め詐欺電話被害防止などに関する協定を神奈川県と締結。ウィルコムの「迷惑電話チェッカー WX07A」モニター利用も実施予定だ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ウィルコム、ソフトバンクテレコム、トビラシステムズの3社は、神奈川県と「振り込め詐欺被害防止等に関する包括協定」を5月14日に締結した。今回の締結を受け、悪質な迷惑電話からの着信を自動警告するウィルコムの「迷惑電話チェッカー WX07A」モニター利用実施も予定。神奈川県における振り込め詐欺電話被害の防止が期待される。

photophoto 協定締結式に臨むトビラシステムズ代表取締役の明田篤氏、ソフトバンクテレコム代表取締役副社長兼COOの宮内謙氏、神奈川県知事の黒岩祐治氏、ウィルコム執行役員営業統括マーケティング本部長の寺尾洋幸氏

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

振り込め詐欺被害防止等に関する包括協定

(1)目的

電話、インターネット等による振り込め詐欺等の被害の未然防止・拡大防止及び電話、インターネット等の安全利用の促進を図るため、相互連携と協働による活動を推進する。

(2)実施時期

2014年5月14日(水)〜2015年5月13日(水)

(3)神奈川県および3社の協力内容

  • 振り込め詐欺等の被害防止に関する啓発活動
  • 振り込め詐欺等の被害防止に関する情報発信、広報活動
  • 電話、インターネット等を利用した犯罪の予防方策の提案
  • 電話、インターネット等を安全で安心して利用するための情報提供、広報活動

(4)協定締結に基づく犯罪の予防方策の提案

神奈川県内での「迷惑電話チェッカー」のモニター利用の実施や迷惑電話番号情報の提供により、振り込め詐欺などの迷惑電話被害の防止に役立てる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.