ニュース
» 2014年05月21日 15時01分 UPDATE

夏モデル第2弾:ソフトバンク、ストレートボディのプリペイドケータイ「301Z」を発表

ソフトバンクがZTE製のプリペイド専用端末「301Z」を発表した。6月6日に発売する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは5月21日、プリペイドサービス「プリモバイル」向けの新機種「301Z」(ZTE製)を発表した。6月6日に発売する。

photo 「301Z」。ボディカラーはブラック、ブルー、ホワイト

 301Zは、約49ミリ(幅)×約117ミリ(高さ)×約13ミリ(奥行き)とコンパクトなストレートボディの携帯電話。重量は約85グラム。2.4型QVGA(240×320ピクセル)表示液晶と、専用ボタンで簡単に起動できる200万画素カメラ、容量1100mAhのバッテリーを搭載した。

 通信面では、ソフトバンクのプラチナバンド(900MHz帯)と緊急速報メールに対応。国際電話、S!メール、SMSも利用できるが、他社携帯電話宛てのSMSは送信できない(受信は可能)。

機種名 301Z
メーカー ZTE
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約2.4型QVGA TFT液晶
解像度 240×320ピクセル
連続通話時間 約680時間
連続待受時間 約330時間
バッテリー容量 1100mAh
メインカメラ 有効約200万画素CMOS/AF対応
インカメラ
ボディカラー ブラック、ブルー、ホワイト
サイズ 約49(幅)×117(高さ)×13(奥行き)ミリ
重量 約85グラム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.