調査リポート
» 2014年05月26日 18時48分 UPDATE

高校生のスマホ所有率は82.2%、約6割が「スマ勉」――リクルート進学総研が発表

リクルート進学総研は、全国の高校生を対象とした「高校生のWEB利用状況の実態把握調査」を実施。82.2%がスマートフォンを所有しており、勉強への利用も約6割となっている。

[ITmedia]

 リクルート進学総研は、5月26日に「高校生のWEB利用状況の実態把握調査」の結果を発表した。

 これによると、スマートフォンの所有率は2011年調査より5.5倍となる82.2%へ増加。スマートフォンを勉強に使う、いわゆる「スマ勉」の活用者は約6割に上り、アプリ利用者は92.6%。また、1日4時間以上利用している高校生は7人に1人と2011年調査よりも増加傾向にある。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

高校生のWEB利用状況の実態把握調査 2014

スマートフォン所有率は82.2%、3年間で5.5倍に。

  • 82.2%の高校生がスマートフォンを所有しています。
  • 所有率は2011年調査の5.5倍(2011年14.9%→2012年39.0%→2013年55.0%→2014年82.2%)となり、大多数の高校生がスマートフォンを所有する結果となりました。
Photo

高校生の約6割がスマートフォンで勉強=「スマ勉」を実施。

  • スマートフォンの利用目的として「アプリの利用」「調べもの・情報収集」「コミュニティサイトへの参加」 「動画を見る」「メール」が8割を超えており、幅広い使われ方をしています。
  • スマートフォンで勉強をしている高校生も約6割に上り、「他エンタメ系(ゲーム・占いなど)」の利用を上回りました。
Photo

92.6%の高校生がアプリを利用しており、前回調査(2013年)の2.6倍に増加。

  • スマートフォンでのアプリの利用率は92.6%。前回調査(2013年)の2.6倍(2013年35.5%→2014年92.6%)となりました。
  • アプリのインストール数は平均32.2個。前回調査(2013年)の27.1個より増加しました。
  • よく利用するアプリランキングでは、SNSの1位は「Twitter」2位は「LINE」3位は「Facebook」となりました。
Photo

スマートフォンを1日4時間以上利用している高校生は7人に1人。2011年調査から増加しています。

Photo

調査概要

調査名:高校生のWEB利用状況の実態把握調査 

調査目的:スマートフォンなどの新デバイスの利用状況や、SNSに代表される新しいWEBサビスの利用状況を把握する

調査期間:2014年4月4日(金)〜4月8日(火)

調査方法:インターネット調査

調査対象:全国の高校生 

集計対象数:1,438人

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう