ニュース
» 2014年06月09日 11時30分 UPDATE

裏から見ると一眼レフ、でも表から見ると……:ケンコー・トキナー、一眼レフ風iPhoneケース「GIZMON iCA5 SLR」を発売

スマートフォンのケースには個人の趣味がよく表れる。実用第一と考え、シンプルなもので済ます人。見た目を重視して、特異なデザインを施したものを選ぶ人などなど……。そんなスマートフォンのカバー選びの選択肢にこのような製品を入れてはいかがだろうか。

[ITmedia]

 ケンコー・トキナーはiPhone5s/5に対応するスマートフォンケースの新製品「GIZMON iCA5 SLR」を2014年6月20日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は5200円(税込)。

hs_Kenko_Tokina_GIZMON_iCA5_SLR.jpg ケンコー・トキナーのスマートフォンケース「GIZMON iCA5 SLR」。左下を見るとiPhoneのカメラが露出しているのが見える

 GIZMON iCA5 SLRは、やや古めの一眼レフカメラのデザインを模して作ったもの。ペンタプリズム部の突起やレンズ、シャッターなどを再現した。このシャッターボタンは、iPhoneのカメラが起動しているときにシャッターボタンとして使えるので、実際にカメラを持つように撮影できる。

 左右上端にはオプションのストラップ用リングが付いており、首から下げて使うことも可能だ。三脚用の穴を持つスタンドも付属しているので、三脚に固定して使用することもできる。

 外形寸法は約84(幅)×130(高さ)×42(奥行き)ミリ。重量は約80グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう