ニュース
» 2014年06月25日 23時30分 UPDATE

モノからコトへ:知って欲しいのはスマートフォンより“スマートライフ”――「docomo LOUNGE」が東京・丸の内にオープン

ドコモのスマートデバイス向けサービスが体験できるコンセプト空間「docomo LOUNGE」が東京・丸の内にオープンした。約50台のタブレットで、dマーケット内のコンテンツなどを試せる。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは6月25日、「dマーケット」などドコモのスマートデバイス向けサービスが体験できるコンセプトラウンジ「docomo LOUNGE(ドコモラウンジ)」を東京・丸の内にオープンさせた。

photophoto 「docomo LOUNGE」
photo 「docomo LOUNGE」のコンセプトを説明したNTTドコモ プロモーション部の沖成徳課長

 docomo LOUNGEは「ドコモスマートフォンラウンジ丸の内」をリニューアルした施設で、ドコモショップ丸の内店と併設。従来よりフロア面積を1.8倍の450平方メートルに増床し、ゆったりと過ごせる空間になった。スマートフォンラウンジが新しいデバイスの体験空間であったのに対し、docomo LOUNGEはドコモが目指すスマートライフを身近に感じてもらうことが目的だという。またドコモが提供するO2Oソリューション「ショッぷらっと」も使われており、導入店舗向けのデモ空間としての役割もある。

 店内には約50台のタブレットが並び、「サッカー」「お祭り・花火大会」「アウトドア」「夏の健康」「マイケルジャクソン」とテーマごとにセレクトされたコンテンツ・商品を展示。いずれもdマガジンやdヒッツなどの配信サービスで利用できるコンテンツやdマーケットやdショッピングで購入可能な商品、また旅行やレジャーもdトラベルで申し込めるツアーなどで、テーマは季節ごとに入れ替える。なお、商品はあくまで展示のみで、その場で購入して持ち帰ることはできない。

photophoto 「サッカー」コーナー。展示しているアイテムはすべて「dショッピング」などで購入できる(その場では販売していない)
photophoto 「マイケルジャクソン」コーナーでは関連グッズに加え、「dヒッツ」の視聴や「Xperia Z2 Tablet SO-05F」のノイズキャンセリング機能などもデモしてた(写真=左)。サプリメントや健康コンテンツの利用を提案していた「夏の健康」コーナー(写真=右)
photophoto 「お祭り・花火大会」コーナーではお祭りで着て欲しいという浴衣と、着物の着付けコンテンツなどを展示(写真=左)。折りたたみ自転車なども用意した「アウトドア」コーナー(写真=右)

 このほか、ちょっとした時間にくつろいだり、オフィススペースとして利用できるカフェエリアと、新製品の発表会やセミナーを行うイベントエリアも用意した。ドリンクコーナーではコーヒーや紅茶、緑茶などを提供するが、ドコモのO2Oアプリ「ショッぷらっと」で配布したクーポンが必要(無料)だ。ただしフィーチャーフォンユーザーなどショッぷらっとアプリが使えない場合は、紙製のチケットを配布して対応する。

photophoto くつろいだり、外出時のオフィススペースとして利用できるカフェエリア
photophoto 「ショッぷらっと」でクーポンをゲットするとドリンクをいただける

 docomo LOUNGEの営業時間は11時から20時で年中無休。有楽町駅付近で配布しているカードと引き替えにオリジナルキャンディーをプレゼントするほか、毎週水曜日の17時以降に来場した先着100人にマカロンやドーナツなどのスイーツを提供する「Sweet Wednesday」(7月23日まで)など、丸の内OLをメインターゲットとしたオープニングキャンペーンを実施する。

photo オープン当日に配られたスイーツ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.