ニュース
» 2014年07月09日 18時00分 UPDATE

ソフトバンク、LTE国際ローミングの対象エリアに台湾/イタリア/バチカンを追加

ソフトバンクモバイルは、FDD-LTEネットワークによる国際ローミングの対象エリアとして台湾/イタリア/バチカンを追加した。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、FDD-LTEネットワークによる国際ローミングの対象エリアを拡大。7月10日に台湾で、7月11日にイタリアおよびバチカンでサービス提供を開始する。

 これで台湾/イタリア/バチカンでは、LTE国際ローミングに加えて海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」が利用可能になる。携帯電話事業者は台湾がChunghwa Telecom、イタリアとバチカンがTIとなっている。そのほか、2013年よりLTE国際ローミングを提供している香港では、7月10日より携帯電話事業者としてPEOPLESを追加する。

 今回の対象エリア拡大により、18の国・地域でLTE高速通信サービスが利用可能になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.