ニュース
» 2014年07月31日 20時03分 UPDATE

Wi2、神戸の外国人観光客向けに無料Wi-Fiスポットを提供

Wi2、神戸で外国人観光客が2週間、Wi-Fi通信を利用できる公衆無線LANサービス「KOBE Free Wi-Fi」を提供する。7月31日から。

[田中聡,ITmedia]

 ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、神戸市における外国人観光客向けの公衆無線LANサービス「KOBE Free Wi-Fi」を7月31日に提供開始した。

 神戸市を訪れる外国人観光客へ、公衆無線LANサービス「Wi2 300」の全エリアを1週間利用できるIDとパスワードが記載された「ゲストカード」を配布。これにより、神戸市内の3000アクセスポイントと、KDDIグループが設置した全国約20万以上のアクセスポイントでWi-Fi通信を利用できる。

 ゲストカードは、神戸市内の観光案内所などの所定の場所で、外国人であることを確認できる身分証(パスポートなど)を提示し、簡単な申し込みをすることで入手できる。まずは神戸市総合インフォメーションセンター(ポートライナー三宮駅)、新神戸駅観光案内所(JR新神戸駅構内)、北野観光案内所(北野風見鶏の館前)で配布する。事前の登録は必要ない。

photo

 Wi2は、KOBE Free Wi-Fiの利用によって得られる位置情報や利用者の接続時間など、個人を特定しない統計情報を提供し、観光振興策に活用するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.