ニュース
» 2014年09月03日 17時10分 UPDATE

新iPhone「購入したい」は35.7%、一番人気はソフトバンク――MMD研究所

MMD研究所は、新iPhoneの購入意向調査の結果を発表。全体では35.7%、キャリア別にみるとソフトバンクが31.7%で最も高い。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は2014年9月3日、「新iPhone購入意向調査」の結果を発表した。調査日は8月27日〜8月29日で、調査対象者はNTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話・スマートフォンユーザーそれぞれ1000人ずつ、合計3000人。

 まず、新iPhoneの購入意向の調査結果を見ると、「購入したい」「やや購入したい」の合計が35.7%となり、どのキャリアから購入したいかを聞いた結果は、ソフトバンクが31.7%と最も高かった。

Photo

 購入したい理由を聞いたところ「iPhoneに興味があるから」が48.3%で最も多く、次いで「携帯電話・スマートフォンの更新タイミングだから」「iPhoneの大画面化に興味があるから」となっている。

Photo

 また4.7インチと5.5インチの比較では5.5インチに興味を示すユーザーが最多の40.7%という結果になった。

Photo

 購入希望時期を調べたところ、38.9%が「予約はしないが、6カ月以内には購入したい」と回答した。

Photo

関連キーワード

iPhone | 調査 | MMD研究所 | 予約 | 購入検討 | 画面 | iPhone 6 | 発売日


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.