ニュース
» 2014年09月04日 17時50分 UPDATE

NTTドコモ、9月5日からミャンマーで国際データローミングサービスを開始

NTTドコモが、ミャンマー連邦共和国に渡航するユーザーを対象とした国際データローミングサービスを開始。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは2014年9月4日、ミャンマー連邦共和国に渡航するユーザーを対象とした国際データローミングサービスを開始することを明らかにした。9月5日に開始予定。現地での提携事業者はMPTGSM。ミャンマー連邦共和国を加え、データローミングサービスは世界211の国と地域で利用できるようになった。

 ミャンマーではこれまで、国際ローミングサービス「WORLD WING」の音声通話やSMSサービスを提供していたが、新たにデータローミングサービスを追加。インターネット通信やメールが利用できるようになる。

 iモード通信のパケット通信料は50パケットまで50円で、51パケット目から1パケットごとに0.2円となる。iモード通信以外のパケット通信料は1パケット目からパケット当たり0.2円だ。通信料金は従量課金となり、海外1dayパケや海外パケ・ホーダイは対象外となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.