ニュース
» 2014年09月30日 11時15分 UPDATE

S Penも進化:曲面ディスプレイ搭載の「GALAXY Note Edge」がドコモからも登場

ドコモは、曲面有機ELディスプレイを搭載したサムスン製Androidスマホ「GALAXY Note Edge」を発表した。10月下旬から順次販売を開始する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは9月30日、エッジ部分がカーブを描いている5.6型曲面有機EL(Super AMOLED)を搭載したサムスン電子製Androidスマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」を発表した。カラーはCharcoal BlackとFrost Whiteの2色を用意し、Charcoal Blackを10月下旬に発売。またFrost Whiteの販売開始は11月中旬を予定している。

photo 曲面ディスプレイを搭載した「GALAXY Note Edge SC-01G」

 解像度が2560×1440ピクセルの5.6型ディスプレイは、右端が側面に向かってカーブしており、“エッジスクリーン”と呼ばれる。このエッジスクリーンにはアプリランチャーのほか、メールや通話の着信通知、カメラや動画プレーヤーの操作パネルが表示され、メインディスプレイをより広く使うことができる。

 GALAXY Noteシリーズの象徴ともいえるS Penも進化し、大画面を生かしたマルチウィンドウ・マルチタスク機能も充実。その結果、S Penでファイルをドラッグアンドドロップで選択したり、Webブラウザのスクリーンショットをほかのアプリに貼り付けたりといった、PC感覚の操作が可能になった。

photophoto カラーはCharcoal BlackとFrost Whiteの2色

 メインカメラは1600万画素CMOSで光学式手ブレ補正を搭載。インカメラはF1.9と明るいレンズを備えた370万画素CMOSで、90度の広角撮影にも対応した。さらにインカメラには120度の広い範囲をパノラマ撮影できるウルトラワイドショット機能を用意し、より自分撮りを楽しめるという。

 プロセッサは2.7GHzのクアッドコアCPUを実装した「APQ8084」で、LTEモデムに「MDM9225」を採用。バッテリーは容量3000mAhで、ユーザーが交換できるタイプとなっている。そのほか、ドコモのVoLTE、おサイフケータイ(FeliCa/NFC)、フルセグ/ワンセグ/NOTTV(視聴には同梱の外付けアンテナが必要)、3つのマイクを使ったノイズキャンセリング機能、8方向の音を識別できるボイスレコーダー、指紋センサーなどの機能を備えた。

「GALAXY Note Edge SC-01G」の主な仕様
機種名 GALAXY Note Edge SC-01G
メーカー サムスン電子
OS Android 4.4
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 805(APQ8084)/2.7GHz(クアッドコア)+MDM9225
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約5.6型QHD+ スーパーAMOLED(有機EL)
解像度 2560×1440ピクセル+160ピクセル
連続通話時間 LTE:約1110分、3G:約1020分、GSM:約700分
連続待受時間 LTE:約430時間、3G:約470時間、GSM:約400時間
バッテリー容量 3000mAh
メインカメラ 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約370万画素CMOS
ボディカラー Charcoal Black、Frost White
サイズ 約82(幅)×151(高さ)×8.5(奥行き)ミリ
重量 約177グラム
発売日 Charcoal Black:10月下旬予定、Frost White:11月中旬予定

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.