ニュース
» 2014年10月14日 12時08分 UPDATE

Android Wear向け手描き入力アプリのプロトタイプをMicrosoftが公開

Microsoft Researchが、Googleのウェアラブル端末「Android Wear」向けの手描き入力アプリのプロトタイプをリリースした。「Samsung Gear Live」や円形の「Moto 360」で利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftの研究部門、Microsoft Researchは10月10日(現地時間)、米Googleのウェアラブル向けAndroid「Android Wear」端末で使える手描き入力アプリ「Analog Keyboard for Android Wear」のプロトタイプを公開した。特設ページからダウンロードできる。

 デモ動画では、円形ディスプレイの「Moto 360」とSamsung Electronicsの「Gear Live」のディスプレイに1文字ずつ手描き入力する様子が紹介されている。

 android 1

 今のところ、入力できるのはアルファベットの小文字、数字、@や!などの記号。「this」や「and」などのよく使う単語については自動修正機能が働くので、速く入力できるとしている。

 android 2 数字や記号の入力も可能

 紹介動画を見ると、1文字ずつの入力間隔をある程度開ける必要があるなど、一般のスマートフォン向け手描き入力アプリのようにはいかないようだ。

 Android Wearの入力方法は基本的には音声のみ。周囲がうるさくて音声を認識しにくい場合や、時計に向かって話しかけるのが恥ずかしい場合には、手描き入力が役立ちそうだ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.