ニュース
» 2014年11月10日 21時15分 UPDATE

Android版「Google 日本語入力」がアップデート――マテリアルデザイン対応ほか

Android版「Google 日本語入力」がアップデート。Android 5.0(Lollipop)への対応を進め、マテリアルデザインのキーボードテーマを追加している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Googleは、Android版「Google 日本語入力」を11月6日にアップデートした。

 これより、Android 5.0(Lollipop)で取り入れた「マテリアルデザイン」対応のキーボードテーマを選べるようになる。アイコン上の文字も「Noto」「Roboto」フォントで一新し、記号入力画面に数字キーボードも追加している。

 フリック入力有効時には、アルファベット入力では下フリックで数字入力、ひらがな入力時は開き括弧、閉じ括弧、波ダッシュ、三点リーダーが入力できるようになった。さらにQWERTY配列での入力時に、最上段の上フリックで数字入力、アルファベット入力では下フリックで大文字が入力可能となった。

Photo マテリアルデザインに対応
PhotoPhoto 記号入力画面への数字キーボード追加(写真=左)、下フリックでの数字入力(写真=右)
Photo 開き括弧、閉じ括弧、波ダッシュ、三点リーダーが入力可能に

 ハードウェアキーボード用に新しい候補ウィンドウに加え、入力方法切り替えキーを導入。顔文字の拡充や音声入力の起動ボタン表示、エンターキーの長押しによる絵文字入力のショートカットも搭載。Android 4.1 (Jelly Bean) 以降にはBluetoothやUSBで日本語キーボードを接続した際に利用するレイアウト情報を用意した。

Photo 候補ウィンドウ導入
Photo 入力方法切り替えキーの表示
Photo 顔文字の拡充
Photo 音声入力へのショートカット
Photo 絵文字入力へのショートカット

 このほか、中国語 (簡体、繁体) と韓国語による設定画面の表示対応、タブレット向けのサイズ調整、32bit MIPS アーキテクチャ、ARM 64bit アーキテクチャのサポートも開始。SDカードなど、外部ストレージにあるファイルからユーザー辞書をインポートできなかった問題を修正している。

 今回のアップデートは、Android 4.0 (Ice Cream Sandwitch)以降で動作する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.