ニュース
» 2014年12月11日 09時25分 UPDATE

Android Wearの着せ替え用文字盤(ウォッチフェイス)がGoogle Playに登場 まずは26種類

Googleが、「Android Wear」搭載の腕時計型端末の文字盤(ウォッチフェイス)をGoogle Playからダウンロードできるようにした。既に26種類のウォッチフェイスが公開されている。ウォッチフェイスを開発するための「Watch Face API」も公開された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月10日(現地時間)、ウェアラブル端末向けプラットフォーム「Android Wear」搭載端末向けのウォッチフェイスがGoogle Playからダウンロードできるようになったと発表した。

 Google Playに専用コーナーが開設され、本稿執筆現在26個のウォッチフェイス(有料版を含む)が公開されている。

 watch 1 日本では「時計面」になっている……

 現在公開されているウォッチフェイスとしては、人気ブランドのレベッカミンコフのリアルなメタリックなものや、降水確率や天気が表示され、時刻が見えやすい自転車乗りのためのものなどがある。

 watch 2

 Googleはまた、Android Wear端末を管理するスマートフォン用アプリ「Android Wear」もアップデートし、スマートフォンでウォッチフェイスを選んでリモートインストールできるようにした。

 さらに、開発者向けに「Watch Face API」を公開した。これにより、開発者はAndroid Wear向けのウォッチフェイスを開発し、Google Playで公開できるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.