ニュース
» 2014年12月15日 09時09分 UPDATE

「Google Fit」、水泳やヨガなど100以上の手動入力が可能に Android Wearでオフライン対応

Android向けヘルスケアアプリ「Google Fit」で100種類以上のアクティビティを手動で入力できるようになり、スマートフォンとペアリングせずにAndroid Wear端末で収集したデータを後で転送できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月12日(現地時間)、Android向けヘルスケアアプリ「Google Fit」をアップデートした。100以上のアクティビティが手動入力できるようになり、Android Wear版で試験運用ながらオフラインをサポートした。

 fit 1 新たなアクティビティ入力画面

 Google Fitは、6月のGoogle I/Oで発表されたヘルスケアプラットフォーム。Android/Android Wearアプリは10月にリリースされた。端末のセンサーで検出したアクティビティを記録・分析できる。リリース段階でサポートするアクティビティは、ウォーキング、ランニング、自転車のみだったが、今回のアップデートで水泳や乗馬など、100以上のアクティビティを手動で入力できるようになった。

 また、Android Wearのオフラインサポート(試験運用)により、スマートフォンを持たずにAndroid Wear端末で収集したフィットネスデータを、後からスマートフォンに転送できるようになった。

 この他、バグの修正とパフォーマンスの改善も行われた。筆者の場合、車での移動をランニングと判断するといったこれまでの問題が改善されたようだ。

 手動入力できるアクティビティの種類は以下の通り(ウォーキング、ランニング、自転車は自動入力できます)。

 fit 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.