ニュース
» 2014年12月26日 20時35分 UPDATE

KDDIの受信時最大150Mbps対応無線基地局が稼働数2万を突破

KDDIは、受信時最大150Mbpsの高速データ通信に対応した無線基地局の稼働数が2万を突破したと発表。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラーは12月25日、「4G LTE」の通信ネットワークにおいて、受信時最大150Mbpsの高速データ通信に対応した無線基地局の稼働数が2万局を突破したと発表した。

 同社では、受信時最大150Mbps対応基地局の導入を2013年10月から一部エリアで開始。2014年5月にLTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術「キャリアアグリゲーション」導入により基地局数をさらに拡大していた。9月に1万局を超え、そのわずか3カ月後に2万局を突破した。

Photo 150Mbps対応基地局数の推移

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

CADで設計した3Dデータを、そのままUnityへ―「Unity CAD Importer」

ホワイトハッカーが厳しくチェックした結果……“Simeji 裏話”

こんなアイテムが欲しかった!ゲームPCとユニーク小物が盛りだくさん