ニュース
» 2015年01月13日 15時33分 UPDATE

2015 CES:くるっと回してアナログ時計に切り替えも――iFITの“両面スマートウォッチ”

CESにはさまざまな新製品が展示されている。その中からちょっと気になった製品を紹介する。最終日の4日目に見つけたのは、ユニークな“両面スマートウォッチ”だ。

[山根康宏,ITmedia]

ビジネスと運動の両シーンで使える両面スマートウォッチ

 各メーカーの説明員も最新製品のアピールに力が入る2015 CESの最終日。2015年のCESはウェアラブル関連製品も多数出展されていたが、iFitが2015年春に販売予定の「iFIT DUO」は、アナログとデジタル両製品を融合した面白い製品だ。

 デジタル表示のスマートウォッチが好きな人もいれば、アナログ時計派でシンプルな製品を求める人もいるだろう。iFIT DUOは、なんと本体部分が両面構造になっており、片側がアナログ時計、もう片側がスマートウォッチのデジタル表示となっている。ディスプレイを回転させると、アナログ時計とスマートウォッチを切り替えられる。例えば運動中だけはスマートウォッチとして使い、普段はアナログ時計として使う、という使い分けができるのだ。

 活動量計としての機能はしっかり備えており、歩数計測や消費カロリー、移動距離計算、睡眠状態の計測などが可能。一方スマートウォッチとしては、スマートフォンに着信した電話やメッセージの通知を受けることもできる。もちろん防水対応なので、屋外での運動中も安心して利用できる。平日はスーツを着て仕事をし、休日は運動に汗を流す、なんて生活をする人にiFIT DUOは最適な製品だろう。

photo 見た目は普通の腕時計なiFIT DUO
photo 時計の上部はヒンジにより引き上げることができる
photo 回転させ反対側にすると、液晶表示のスマートウォッチとなる
photo こちらは四角い文字盤バージョン
photo 時計本体を横にずらすと、やはり反対側に回転させられる。モックアップなので画面表示はステッカー
photo 時計部分は外れないようになっている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.