ニュース
» 2015年01月16日 07時00分 UPDATE

R25スマホ情報局:「ファブレット」は外国人向け!?

画面が5〜7インチ程度のスマホのことを指す「ファブレット」。海外モデルが多いことから、手の大きい外国人向けなのでは? と思ってしまう。そこで、日本人と欧米人の手の大きさを比較してみた。

[R25スマホ情報局]
R25スマホ情報局

 大画面化が話題となった「iPhone6」と「iPhone6 Plus」が発売して約3カ月。巷では“ファブレット(フォーン「Phone」とタブレット「Tablet」を合わせた造語。画面が5〜7インチ程度のスマホのことを指す)”という言葉も生まれているが、ファブレットサイズである「iPhone6 Plus」を入手したユーザーの一部からは「大きくて使いにくい」「片手で操作がしにくい」など、不便さを感じる人もいるようだ。

 もともとiPhoneは、日本人向けにハードが設計されているわけではない。もしかしたら手が小さい日本人にはサイズが合わないのでは? そこで、日本人と欧米人の手の長さ・幅の平均値を調べたところ…

男性の手【日本人(※1)/欧米人(※2)】

  • 手の長さ  19.2cm/18.9cm
  • 手の幅   8.1cm/8.4cm

女性の手【日本人(※1)/欧米人(※2)】

  • 手の長さ  17.9cm/17.2cm
  • 手の幅   7.3cm/7.4cm

 と、意外にもさほど差がなかった。そこに「日本独特の文化が背景にあるのでは?」と指摘するのはスマホやアプリに造詣が深い佐野正弘氏。

 「日本ではフィーチャーフォン時代からずっと、端末を手に持って通話し、片手で文字入力を行ってきました。ですからスマホを選ぶ時も、端末のサイズが大きく大画面で見やすいことより“片手で操作できるかどうか”に比重を置く人がけっこう多いんです。現に売り上げ動向を見ても、大画面の『iPhone6 Plus』よりも、従来のサイズに近い『iPhone6』の方が日本では売れています」

 確かに、フリック入力など、片手でスマホを操作することに慣れた私たちにとって、ファブレットは使いにくいのかも。実際、ファブレットは日本よりも海外でのニーズが高いそうで、「イヤホンマイクやBluetoothヘッドセットを使って音声通話をし、(PCのキーボードと同じ配列を使うので)両手で文字入力を行うのが一般的な海外の人たちにとっては、画面が大きい方が使いやすいのです」(佐野氏)とのことだ。

 もちろん、ファブレットならではの恩恵もある。筆者は「Xperia Z Ultra SOL24」という約6.4インチのファブレットを愛用しているが、文字の両手打ちは必須なもののPCのようにサクサクメールが打てて誤字が激減、出先でPDFやワードファイルをチェックする時も大画面で見やすい…など様々。

 あなたの使い方は、ファブレット向き? スマホ向き?(遠藤麻衣/verb)

  • 【参考資料】
    • ※1 「経済産業省 人体寸法・形状データ『size-JPN 2004-2006』」より、男性20〜29歳、女性25〜29歳
    • ※2 The Average Body.com調べ

© 2016 RECRUIT HOLDINGS CO.,LTD. all rights reserved.
© 2016 Media Shakers Inc. all rights reserved.