ニュース
» 2015年02月26日 12時14分 UPDATE

Motorola、エントリー端末「Moto E」の新モデルを149ドルで発売

Lenovo傘下のMotorolaが、昨年5月に発売したエントリー端末「Moto E」の新モデルをLTE対応で発売した。画面サイズやCPUがアップグレードし、フロントカメラも追加されたが、3Gモデルであれば価格据え置きだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国Lenovo傘下のMotorola Mobilityは2月25日(現地時間)、昨年5月に発表したエントリー端末「Moto E」の新モデルを発表した。先代よりディスプレイが大きくなり(4.5型)、LTEに対応した他、CPUなどのスペックも上がった。価格はLTEモデルは20ドル高い149ドル(約1万7000円)だが、3Gモデルであれば119ドルと据え置きだ。同日に50カ国以上で発売された(日本は対象外)。

 moto e 1

 最新のAndroid 5.0 Lollipopを搭載し、先代にはなかったインカメラも追加された。色は白と黒の2色だけだが、19.99ドルの“バンド”(3色セット)や“グリップシェル”で着せ替えられる。

 moto e 2 バンドを装着したMoto E
新旧「Moto E」スペック比較
機種名 旧モデル 新モデル
OS Android 4.4(発売時) Android 5.0
ディスプレイ 4.3インチ(540×960) 4.5インチ(540×960)
CPU Qualcomm Snapdragon 200(1.2GHzデュアルコア) Qualcomm Snapdragon 410(1.2GHzクアッドコア)
RAM 1Gバイト 同左
ストレージ 4Gバイト 8Gバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト) 同左
メインカメラ 500万画素 同左
インカメラ なし VGA
サイズ 124.8×64.8×12.3ミリ 129.9×66.8×5.2〜12.3ミリ(カーブあり)
重さ 142グラム 145グラム
バッテリー容量 1980mAh 2390mAh
ネットワーク 3G 3G/LTE
 moto 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.