ニュース
» 2015年03月02日 20時28分 UPDATE

リクルート、Twitter Ads APIを利用した「Twitterプロモ商品」の販売・運用を開始

リクルートは、Twitterを通じて認知獲得・集客を行える独自の「Twitterプロモ商品」を販売、運用を開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートホールディングスは、3月2日にクライアント企業へ向けた独自の「Twitterプロモ商品」の販売・運用を開始した。

 Twitterはパートナー企業を通じ、任意のツイートを拡散する「プロモツイート」、自社アカウントのフォロワーを増やす「プロモアカウント」、多数のユーザーへアピールするための広告「プロモトレンド」といった3種類のプロモ商品を展開。リクルートはこのプロモツイートとプロモアカウントを利用した、独自のプロモ商品を提供する。

 これを受け、リクルートマーケティングパートナーズが運営する「リクナビ進学」の顧客大学・専門学校向けに、プロモツイートとプロモアカウントを利用した独自のサービス販売を開始。大学・専門学校はリクルートが運営するメディアをはじめTwitterを通じて高校生ユーザーにアピール可能となるほか、高校生ユーザーは大学や専門学校のTwitter公式アカウントが発信する最新情報をタイムライン上でも確認できるようになる。運用はリクルートグループのリクルートコミュニケーションズが行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.