ニュース
» 2015年03月16日 20時01分 UPDATE

KDDI、自宅でできるセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」提供開始――第1弾は血液検査

KDDIは、専用の在宅検査キットとWebサービスの組み合わせで自宅にいながら健康をチェックできる「スマホdeドック」の提供を開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは、2015年夏にセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」の提供を開始する。

 本サービスは、専用の在宅検査キットとスマートフォン/PCから検査結果を確認できるWebサービスの組み合わせにより、自宅で手軽に健康チェックを行えるというもの。第1弾は超微量血液検査システムを開発したリージャーと業務提携し、「生化学14項目血液検査サービス」を提供する。

 血液検査サービスでは、専用検査キット「デメカル血液検査セットFF」を使って0.065ミリリットルの血液を採取し、専用検査センターに郵送。約1週間後にWeb上のマイページから糖尿病の指標などを含む14の検査項目結果を確認できる。さらに、検査結果に対する医学的見地からのコメント、悪化要因・改善ポイントに関するアドバイス、自宅近くの病院検索機能なども提供する。

 サービス開始に先立ち、4月中旬から2016年3月末まで全国20市区町村・2健康保健組合と提携して約24万人を対象に無料で実施していく。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

「スマホdeドック」サービス概要

1. ご利用の流れ

サイトに登録し、申込画面に必要情報を入力の上、検査サービスの申し込みを行います。

その後、自宅に届いた検査キットで自ら採血し、普通郵便で検査キットを返送すると、約1週間後に、マイページで検査結果が確認できます。

結果を確認し、必要に応じ病院検索や、定期的な健康チェックの習慣化に繋げることができます。

Photo

◆URL◇リンクの言葉◆

サービスサイト

<「スマホdeドック」のイメージ>

Photo

<マイページで確認できる内容>

総合結果表示 項目別詳細結果表示 改善アドバイス/コメント表示
経年比較グラフ表示 結果出力機能 病院検索機能

【スマートフォン画面】

Photo

【PC画面】

Photo

2. 検査項目

「生化学14項目血液検査サービス」

14項目内訳: 総タンパク、アルブミン、AST (GOT)、ALT (GPT)、γ-GT (γ-GPT)、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、血糖、HbA1c、中性脂肪、総コレステロール、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール

※今後、専用検査キットの種類を増やし、メニューを順次拡大予定。

3. 対象年齢

検査推奨年齢: 20歳以上

4. 費用

生化学14項目検査1回につき4,980円 (税抜)

※実証参加自治体が定める健診対象のお客さまについては、無料でご利用いただけます。

5. WEBサービス対応環境

  機種、OS ブラウザ
スマートフォン Android (TM) 4.1/4.2/4.4搭載スマートフォンおよびタブレット、iOS 7以上搭載のiPhone、iPad OS標準ブラウザ、Chrome
PC Windows 7/8.0/8.1、またはMac OS 10.6以降 Internet Explorer 9以上、FireFox 最新版、Chrome 最新版、safari 5.1/6.1/7.0

実証事業について

連携する自治体および健康保険組合が定める対象のお客さまに向け、27年度健診として「スマホdeドック」をご案内します。20自治体、2健保組合、計22保険者が参画予定です。(2015年3月16日時点)

<実証事業への参画自治体・健康保険組合>

石狩市 (北海道) 入間市 (埼玉県)
綾瀬市 (神奈川県) 深谷市 (埼玉県)
鎌倉市 (神奈川県) 東近江市 (滋賀県)
ベルシステム24健康保険組合 大竹市 (広島県)

順不同、2015年度参画予定保険者の中から一部掲載

<他参加自治体・健康保険組合>

東北エリア 1自治体
関東エリア 6自治体、1健康保健組合
中部エリア 1自治体
北陸エリア 1自治体
中国エリア 1自治体
九州エリア 3自治体

実証事業に関する自治体からのお問合せ先: 03-6757-1262

<参考>

<提供体制イメージ>

Photo

<検査キットイメージ>

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.