ニュース
» 2015年04月06日 15時26分 UPDATE

LTE-Advanced採用:KDDI、「au 4G LTE」を下り最大225Mbpsに高速化――WiMAX 2+との“ダブルCA”対応スマホを夏発売

KDDIが「au 4G LTE」を夏に高速化し、下り最大225Mbpsの通信サービスを開始する。225Mbpsの4G LTEと220MbpsのWiMAX 2+に対応したスマホの発売も予告した。

[ITmedia]

 KDDIは4月6日、LTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」による下り最大225Mbpsの通信サービスを、夏をめどに一部のエリアで開始すると発表した。サービス名は引き続き「au 4G LTE」を使用する。

photo サービスイメージ

 同社は現在、下り最大150Mbpsの4G LTEサービスを提供している。これは2GHz帯と800MHz帯でそれぞれ10MHz幅、合計20MHz分の周波数帯域をキャリアアグリゲーション(CA)技術で同時に使う仕組み。夏以降は2GHz帯で利用する周波数を10MHz増やし、合計30MHz幅とすることで225Mbpsへの高速化を実現する。

 またKDDIは、下り最大225Mbpsの4G LTEに加え、下り最大220Mbpsの「WiMAX 2+」にも対応するスマートフォンの発売を予告した。対応スマホはCAにより高速化したWiMAX 2+をサポートするもので、2つのネットワークから通信環境に応じて最適な方に自動的に接続し、快適な高速データ通信が行えるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.