ニュース
» 2015年04月10日 07時00分 UPDATE

SIM通:クラウドで簡単!格安スマホのデータ移動術

「格安SIM」「格安スマホ」への移行で気になるのが、アドレス帳や写真や動画のデータ移行。でもクラウドを使えばデータを便利に移動させられます。

[SIM通]
SIM通

 「格安SIM」「格安スマホ」を利用する時にネックになるのが「端末の初期設定や、アドレス帳や写真や動画のデータ移行」など。キャリア契約時では店舗でやってもらっていたので「面倒だし、なんだか難しそう」という印象があるかもしれませんよね? でも、「クラウドサービス」を使えば、OSやデバイスに関係なく写真や動画、アドレス帳などのデータを移動することができます。その方法について紹介しましょう。

photo

 クラウドサービスは幾つか種類がありますが、今回は格安SIMカードでもお馴染みの「OCN モバイル ONE」とセットで使えるパーソナルクラウドサービス「マイポケット」を例に挙げてみたいと思います。

 こちらは月額324円(税込)で、インターネット上のセキュアなエリアに128GBまでのデータを預けることができます。同じ容量のmiciroSDカード(microSDXC規格)を購入する場合、価格は12,000円程度から(価格.comにて調査)と高価なもの。クラウドサービスのほうが随分と安価に利用することができまるんですね。

photo

 さて、実際の操作ですが、これがとっても簡単でした!アプリをスマホにダウンロードしてログインします。

画面が表示されたら、まずはバックアップに関する設定を行いましょう。マイポケットでは、画像のアップロードをするタイミングを決められるので、通信容量を無駄に消費することなく使用することができます。

 ちなみに現在、端末に保存されている全てのデータを「マイポケット」上にアップロードする場合は、大量のデータ通信を消費することが予想されます。ご家庭にWi-Fi環境をお持ちの方はそちらを利用したり、MNPをする前にキャリアの通信を使ってアップロードしてみるのが賢いやり方ですね。

photo

 バックアップにかかる時間はアップロードするデータ量などによって変わります。アップロードの状況は全体バックアップのときはシークバー(作業進行を示すバー表示)で、画像を選んでアップデートしている場合は、個別に確認することができます。

photo

 バックアップが完了したかどうか不安な場合、もしPCを持っているなら、Webサイトからアクセスし、「ラベル」にスマホの写真が上がっているかを確認ください。すると、上の画像のようにスマホにあった画像がしっかりと保存されています。「マイポケット」は日付や写真に埋め込まれたジオタグ(位置情報)を読み取り、自動的にフォルダ分けをしてくれるので、とっても便利。また、PCやスマホを使ってラベル付けを行えば、撮影内容ごとの管理も簡単にできちゃいます。

photo

 アドレス帳の移行はアプリの「設定」からバックアップ設定の「アドレス帳」を選択。この時、「バックアップアドレス帳を設定・変更しますか」と聞かれるので「はい」をタップします。すると、「バックアップ済の連絡先をダウンロードする」という項目があり、画面を進めていき、表示されたファイルの中から利用するファイルを選択・ダウンロードすれば完了です。

photo

 なお、管理できるファイルは画像や動画だけでなく、文章ファイルや圧縮されたzipファイルなども保管可能です。使い方次第ではビジネスシーンで活躍してくれます。公私ともにサポートしてくれることを考えると、1 ID 128GBで月額324(税込)円というランニングコストはとてもお得な料金だと思いました。

 「バックアップは難しい」という常識を根底から覆してくれるオンラインストレージ・サービス。今回、利用したのはNTTコミュニケーションズの「マイポケット」でしたが、有料・無料含め、様々なサービスがあります。自分にあっているサービスを見つけだして、データ管理やバックアップに役立ててみてはいかがでしょうか!?

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright:(C) 2017 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう