ニュース
» 2015年06月08日 15時14分 UPDATE

「SPAJAM2015」札幌予選の最優秀チームは「FUNkey」――仲直りのきっかけとなるアプリ作り開発を実施

6月6日〜7日にかけて行われた「SPAJAM2015」第6弾となる札幌予選が開催。最優秀賞はチーム「FUNkey」のアプリ「ぷっしゅdeあくしゅ」が選ばれた。

[エースラッシュ,ITmedia]

 スマートフォンアプリの競技会「SPAJAM2015」予選第6弾が、6月6日から7日にかけて札幌で開催された。

PhotoPhoto 札幌予選最優秀賞のチーム「FUNkey」(写真=左)と、札幌予選参加者の集合写真(写真=右)

 今回は専門学校生、大学生、社会人などを含む多様な12チームが参加。アプリ開発のテーマは「不仲を解消する」で、最優秀賞はチーム「FUNkey」のアプリ「ぷっしゅdeあくしゅ」が選ばれた。

 本アプリは日常生活で友人などに悪いなと思った時に反省メッセージを書きとめ、アプリが自動的にタイミングを判断して相手へ通知を送信。受け取った相手が仲直りする意思表示の赤いボタンをプッシュすると、これまで書きとめていたメッセージが表示されるという仕組みになっている。不仲という関係を段階的に解消するという優れた基本コンセプト、アイコンなどのデザイン性の高さやアプリとメッセージを組み合わせたシステム設計が高く評価された。

 審査員はサイバード ゲーム事業本部 リードエンジニアの伊藤清香氏、モバイル・コンテンツ・フォーラム 専務理事の岸原孝昌氏、App Annie Japan カントリーディレクターの滝澤琢人氏、ネオス 開発本部 シニアマネージャーの田崎勇二氏、富士通 インテグレーションサービス部門 ビジネスマネジメント本部 事業推進統括部 戦略企画室の福村健一氏。このほか優秀賞として「doki」「アプリを作りたい男達!!」「Mac欲しい」の3チームも表彰されている。

 6月13日〜14日には東京B、福岡予選を実施。また、東京C予選については後日詳細を発表する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.