ニュース
» 2015年07月08日 15時14分 UPDATE

ケンコー・トキナー、スマートフォンを取り付けられる顕微鏡を7月13日に発売

ケンコー・トキナーは、スマートフォンが取り付け可能な顕微鏡を7月13日に発売した。倍率200倍、双眼タイプ、PC接続タイプといった3製品を用意している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ケンコー・トキナーは、7月13日にスマートフォンを取り付け可能なモデルを含む顕微鏡3製品を発売する。

PhotoPhoto STV-A200SPM(写真=左)、STV-A100SPM(写真=右)

 「Do・Nature Advance STV-A200SPM」は、回転式レンズにスマートフォンを取り付けられるモデル。接眼レンズを見やすい位置に360度回転でき、60倍、120倍、200倍の倍率で観察できる。価格はオープンで実売価格は1万3000円(税別、以下同)を想定している。

 「Do・Nature Advance STV-A100SPM」は両目で見れる双眼顕微鏡で、検体を立体的に観察可能。接眼レンズは45倍用と100倍用の2種類が付属する。それぞれ取付可能なスマートフォンのサイズは高さが約100〜155ミリ、幅が約50〜90ミリのもの。実売想定価格は1万7000円。

Photo STV‐A100M3D

 「Do・Nature Advance STV‐A100M3D」は、PCと接続して観察を行う顕微鏡。倍率は35〜100倍ズーム式で、さまざまな角度から見れるマルチアングルアームと検体を回転させられるターンテーブルを搭載している。対応OSはWindows Vista(32bit)、7(32bit/64bit)、8.0(32bit/64bit)、8.1(32bit/64bit)。実売想定価格は2万円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.